職場の40代女性に共通するうんざりポイント10選

■この記事を書いた人
婚活マニア
一緒にお昼やお茶をする女友達は10人程いるのに、恋愛に発展しない。結婚相手は婚活で見つける(2回)。

「めんどくさい」じゃなく「めんど『う』くさい」な。

…意思疎通できているんだから、どっちでもいいじゃん。

めんどくさいなぁ。

職場にそんな40代女性はいませんか?

本記事では職場の40代女性に共通するうんざりポイントを恋愛編5選と仕事編5選、合わせて10選として紹介します。

恋愛編

恋の駆け引きをする

「他の男がいるようなそぶりをする」

「LINEの返信を保留した」

恋の駆け引きが成功する条件は、相手が好意を持っていることと、相手が女性慣れしている場合です。

職場で40代に好意を持つのは、一般的に同年代の男性でしょうが、女性慣れしている男性はとっくに結婚しているか、遊びまくっている男かのどちらかです。

女性慣れしていない男性に、他の男がいるようなそぶりをしたら、一気に男性の心が離れますよ?

遊びまくっている男と恋の駆け引き?見えないところでやって下さい。

元カレの愚痴を言う

「元カレの悪口を言ってくるとそれだけで恋愛対象外になる」

「元カレに未練があるのか、自分が悪くないアピールのどちらか。どちらにしても恋愛対象外」

これは飲みの場も婚活の場にしていた筆者も同感です。

こういう女性、ロクなのがいませんでした。

2つ目の意見の通り、元カレに未練があるか、自分を正当化するための言い訳としての愚痴です。

前者は友達としてはやっていける場合もありますが、後者の場合は関わらない方が良いでしょう。

本当にいい女であれば、元カレとの付き合いで学んだことを次の恋愛に活かすはずです。

ダイエットが口癖

「いつもダイエット宣言している」

本人にしてみたら様々な理由でダイエットしなきゃと思っていても、他人からしてみたら「結局のところダイエット」。

一回宣言したのであればダイエット完了宣言(もしくは諦め宣言)までセットでして欲しいものです。

普通に考えたら

ダイエット宣言

ダイエット諦めた(当然宣言しない)

ダイエット宣言

(以下略)

と、初志貫徹できない人としか見えません。

だらしない人に見えてしまいます。

思い当たる方は、有言実行または極秘の内にダイエットしましょう。

上から目線

「男には包容力を求めるくせに、自分は全然包容力が無い」

「自分の常識を押し付けてくる」

どう考えても恋愛に発展しません。

例えば婚活中であったのK.Mさん(男性)が「今住んでいるところはオール電化なんだ」と言ったところ、「えー、オール電化って停電になった時とか災害になった時に困るから嫌だなー」と返されました(自分の常識の押し付け)。

男性側からしてみたら、自分を否定されたみたいで嫌だなーという気分になったそうです。

上から目線な性格は40代にもなると中々変わらないでしょうから、思い当たる方は極力行動に出すのを抑えましょう。

女子会女子

「職場でも女性でたむろしている」

「女性同士の話しは人の噂話」

男性優位な社会の中で生きていくためには女性同士で群れる必要がありました。

まだ男性が優位と言われていますが、制度上は職場で群れるほどの優劣は無くなったのが今の時代です。

なのに女子同士でたむろ、噂話をしているのは自分に自信が無いため。

そんな女性に男が魅力を感じるはずがありません。

自分を持っていて自分に自信がある女性は、群れることなくクールに一人で行動をしています。

K.Mさん(男性)は、飲み会で知り合ったとある女性に「ねーねー、○○の飲み会、一人で(心細くて)行けないから一緒に来て~」と良く誘われましたが、その女性も典型的な「自分に自信のない女性」でした。

仕事編

他人のアドバイスを聞き入れない

「仕事のやり方のマニュアルがあるのに、その通りにやらない」

マニュアルは過去の業務の実績を作られたものですから、基本守りましょうよ(苦笑)

頑固で融通が利かない職場40代の女性は、他人から見てめんどくさい人と思われます。

マニュアルの方がダメならマニュアルを直せばよいのですが、こういう職場40代女性に限って「めんどくさい」と言うものです。

関わるのが面倒です…。

口だけ出す

「めんどくさい」じゃなく「めんど『う』くさい」な。

他人のミスの指摘には一人前に指摘したり、「こうしたらどう?」と提案はするものの、自分では行動に移さない。

部下や同僚任せだったりします。

職場の40代女性でめんどくさいと思われている人は、「めんど『う』くさい」のように割とどうでも良い所に噛み付いたり、噛み付いた挙げ句、尾ひれもつけて延々と説教じみたことを言い続けます。

もう、「めんどくさい」でも「めんどうくさい」でも、どちらでもいいじゃないのよ。

責任感無し

「自分がやる」と言い出しておいて、実際は全く着手していない
自分に落ち度があっても「でも…」と反論し出す。

自分がやると言い出すところまでは立派ですが、期日までにやり切ってもらわないと、職場という組織でみたら損害です。

こういう人に限って言い訳をしたり逆切れしたり。

40代の女性に限らず職場ではあるのではないでしょうか?

責任感の無い人に責任うんぬんを正しても「でも…」とはぐらかされてしまいますし、責任感の無い人がこの記事を読んだとしても他人事と思われてしまうだけです。

その人がやるべきことをやらなかったことで自分がバカを見ないよう、その人が「自分でやる」と言ったことを証拠に残しておきましょう。

議事録とかメールとか。

人によって態度が違う

「上司や年下の男には媚びて、それ以外には冷たい」

権力や色気に弱いのはある程度仕方ないでしょう。

人間だもの。

とは言え、度が過ぎると「何こいつ」と思わずにはいられないでしょう。

そういう人に限って、この記事を読んでいても不思議と他人事と思うので、本人による自浄作用は全く期待できません。

関わるとめんどくさいことこの上ありません。

関わらないのが一番ですが、関わらざるを得ない場合は、相手が下に見ているので、一度ガツンと言うと相手が大人しくなる場合もあります。

職場で噂話・悪口

「人の噂話や悪口を軽いノリで喋る」

何がめんどくさいかと言えば、あなたのことも何かしら悪口を言っている可能性がある点と、本人に悪気が全く無いことです。

そういう人はこの記事を読んでいても、自分のこととは全く思いません。

めんどくさい…。

自浄作用は当然働きません。

ですので当人に「悪口を言うのは良くないよ」とアドバイスするのはあまり賢くありません。

そのアドバイスすらも「悪口」にされてしまいます。

関わらないのが一番です。

さいごに

本記事では、職場の40代女性に共通するうんざりポイント10選と題して、うんざり・めんどくさいと感じるポイントを紹介しました。

40代ともなれば大人も大人。

世間の荒波にもまれ、自分がどのように振舞えば自分に一番都合が良いか分かる年代です。

はっきり言ってめんどくさい人の行動や性格を変えるのは不可能です。

となれば、相手に振り回されない、即ち自分のストレスを最小限に抑える方法を考えるのが一番です。

・極力関わらない

・事務的に接する

ことがストレス軽減につながります。

あとは犠牲者を増やさないように、あなた自身がここに書かれているようなめんどくさいと思われる人にならないことです。

40代既婚女性の色気がたまらない!モテる理由を男性陣に聞いてみた
どうせ男は若い女がいいんでしょ? 確かに女性は婚活市場において「出産」という年齢リミットが存在します。 ですから40代での婚活は苦労します。 しかし「色気」の観点ではタイムリミットは存在しません。 これは「婚活マニア」と自称する私が自信を持って言えることですので間違いありません。 当然ながら40代の既婚女性だって...



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします