40代の、ナチュラルなツヤ肌メイクポイント

40代前後から、とくに気になる肌悩みのひとつが、肌ツヤの衰え。

肌に艶があるだけで健康的でぐっと若々しく見えますよね。

アラフォーがナチュラルなツヤ肌をつくるファンデーションなど、
ベースメイクのポイントをお届けします。

生き生きとした艶肌目指してぜひ役立ててくださいね。

40代の肌ツヤの低下、その原因は?

40代頃になると肌からツヤが消えてしまう主な原因は、

●天然保湿成分やコラーゲンの減少

●女性ホルモンの低下で起こるターンオーバーの乱れ

●血流の悪さ

などによるもの。

例えばコラーゲンだけをクローズアップしても、表のようにコラーゲンを生み出す
線維芽細胞は40代になると急激に低下。

さらに睡眠不足やメイク汚れの蓄積、食生活の乱れや筋肉のコリなど、
生活習慣の悪さなどが加わることで、ますます肌ツヤは失われてしまいます。

資生堂公式ホームページ
https://www.shiseido.co.jp/collagenlabo/

40代、ツヤ肌メイクのスキンケアポイント。

肌にツヤがあると、ハリはもちろん、シミやシワも目立ちにくくなり、
肌色はワントーン明るくなったように見えます。

内側から輝いているような40代のツヤ肌を作るために大切なのは、
まずは化粧水と美容液づかいがポイントです。

惜しみなく使える手頃な価格のローションでOKなので水分をたっぷり与えましょ。

こめかみや小鼻の脇、口角、目のキワなど、細かいところまで、ていねいに。

そしてもうひとつ、肌のツヤ作りのためのマストアイテムとして
プロがすすめているのが美容液です。

成分が濃縮されている美容液は少し高価なものを使うのがおすすめ。

塗り方がムラになっていると時間が経つにつれてテカリにもつながるので、
ムラなくすみずみまでしっかりとが、大事です。

40代のツヤ肌ベースメイク。下地使いのポイント。

40代以降のツヤ肌作りのポイントは、肌は少しツヤを足すくらいの気持ちで
取り入れ、ナチュラルに、品よく仕上げるのが大切。

すっぴんよりもきれいで、素肌のように見えるナチュラルな輝きのツヤ肌作りが
今の主流。

Tゾーンなどの脂浮きしやすいところ、化粧崩れしやすいところは、
毛穴を埋めてテカらない、シリコン系下地などでベース作りを。

小さな円を描きながら毛穴にすりこむように塗っていきましょう。

テカらないように気をつけるこのひと手間で、ツヤが際立ってよりきれいに見えます。

RMK クリーミィ ポリッシュトベースN

光拡散効果に優れた3種類のパウダーが肌の凹凸にきれいにフィットする
クリームタイプの下地。みずみずしさをもたらしながらベースメイクの
もちをよくします。

RMK公式ホームページ
https://onlineshop.rmkrmk.com

もうひとつのおすすめポイントは補整下地でくすみやすい目のまわりを
明るく整えること。

とくにくすみをカバーするにはピンク系の下地を。

顔全体には塗らず、目のまわりなどのくすみやすいところだけにぬるのが
プロのおすすめです。

目のまわりのくすみを払っておくと、時間が経っても疲れて見えず、
とても若々しい印象になります。

くすみの度合いにもよりますが、とくに目まわりのくすみは、
ベージュ系のコンシーラーでカバーするよりも、この方法は手軽でナチュラルですよね。

ラディアンスプライマー

ほんのりピンクに輝くプライマー。うるおいを与えながらくすみを払い、
メークの持ちを長持ちさせます。

NARS公式ホームページ
https://www.narscosmetics.jp/home

40代の艶肌メイクのファンデーションのおすすめは?

メイクの中でも時代性が出やすいのが肌の質感です。

カバー力を求める肌ではなく、今は素肌感が残るツヤ肌メイクがトレンド。

シミが気になってコンシーラーを使ったり、
カバー力のあるファンデーションで隠したりするよりも、
肌の質感をツヤ肌にしてカモフラージュする方が今のきれいにぴったりです。

40代の艶肌メイクのために、選びたいファンデーションのイチ押しは
リキッドファンデーション!

油分を備えているリキッドファンデーションは重ねづけをしても粉っぽくならず、
きれいにツヤ肌が作れます。

保湿力もあり、パウダータイプに比べて化粧もちがいいのも魅力。

2018年の秋冬、各化粧品メーカーから発売されているリキッドファンデーションは、
美容液のようなテクスチャーが多く、内側から自然に輝くような、
みずみずしいツヤを与える優秀なファンデーションが豊富。

新しいファンデーションに変えるだけでぐっとモダンな印象になりますよ。

もうひとつ注目したいのが、近頃増えているジェル状のクッションファンデーション。

薄づきで、シミやソバカスを隠すまでのカバー力はないけれど、
素肌をみずみずしく、美しく見せるファンデーションとして人気です。

40代に人気の艶肌、リキッド&クッションファンデーション

ツヤ肌メイクのときはとくに、ファンデーションの色選びはポイント。

自分の肌色になじむ色を選ぶときに、明るめか暗めかを迷ったら、
ワントーン暗い色のファンデーションを選びましょう。

首との境がつきにくくなり、白浮きせず、きれいに見えると、
多くのプロがすすめています。

SUQQU ヌードウェア リクイド

シームレスな仕上がりながら、保湿効果などの美容エキスに加えて、
11種のオイルを配合。乾燥からしっかり肌を守りつつ、美容液のように
みずみずしい艶肌に。

SUQQU公式ホームページ
https://onlineshop.suqqu.com

アンジェリックシンセシスファンデーションセラム

セラムのように心地よく肌にフィットし、内側から艶めきを放つような肌に。
うるおいと弾むようなハリ感をもたらします。

TREE公式ホームページ
https://www.threecosmetics.com

ザ グロウ ファンデーション

水のツヤで満たすようなデューイな質感のツヤ肌を作るリキッドファンデーション。
フレッシュで透明感のある仕上がりに。

アディクション公式ホームページ

アディクション公式コスメオンラインショップ。 年齢を問わず自分らしいスタイルを求めるすべての女性たちのために生まれたメイクアップアーティストブランドです。

ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション

軽い感触と輝き、ハイカバレッジながらも素肌のようなナチュラルな仕上がりで、
時間が経っても崩れにくいフォミュラー。

NARS公式ホームページ
https://www.narscosmetics.jp/home

INFINITY クッション セラム グロウ

光をまとったように艶やかで、ハリのある印象が続くクッションファンデーション。
ナチュラルな仕上がりながらも、毛穴やくすみなどをきれいにカバー。
美容液やライスパワー成分などのスキンケア効果が乾燥から肌を守ります。

コーセー公式ホームページ
https://www.kose.co.jp/jp/ja/index.html

ブランエクスペール クッションコンパクト

色ムラや毛穴をカバーしつつ、素肌をきれいにみせ、みずみずしいツヤ生肌に。
デパートコスメのクッションファンデーションで、人気ナンバーワン。

ランコム公式ホームページ

SHISEIDOメーキャップ シンクロスキン グロー クッションコンパクト

天然植物由来成分が乾燥などのダメージから肌を守り、生き生きとした
透明感のあるフレッシュな艶肌に。

資生堂公式ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/wp/index.html

40代のツヤ肌作り! ファンデの塗り方ポイント。

ファンデーションは、顔全体に塗ると厚塗り感が出てのっぺり顔に。

とくに40代以降の女性が美しい艶肌を作るためには、
ファンデーションは顔全体に均一に塗らないことが大事。

頬の中心から鼻のあたりは少し厚く塗っても厚塗りに見えにくいけれど、
額や鼻筋などのTゾーンは厚塗りに見えてしまうので気をつけて。

塗るところ、塗らないところを分けると、光があたったときに立体感が出て、
必要なツヤが際立ち、ほどよい抜け感が出て、洗練されたニュアンスの肌に。

人気のヘア&メイクアップアーティスト、長井かおりさんのテクニックによると、
美肌ゾーンと呼ぶ、目の下から頬骨の高いところを通ってこめかみまでの部分は
しっかり塗り、Tゾーンやあごなどは控えめに、メリハリをつけて塗るのがポイント。

この美肌ゾーンを美しく整えるだけでも肌はきれい度がぐんと上がります。

方法は、美肌ゾーンにファンデーションを多めにのせ、厚みのあるスポンジで
内側から外に向かってトントンとスポンジを置くように、スタンプを押すように
伸ばしてなじませていきます。

頬の下やTゾーン、まぶたなどは、スポンジ面に残っているファンデーションを使い、
そのまま肌をさっとなぞる程度に。

長井かおりさんの美肌ゾーンメイクの詳しい方法はこちらを。

ミモレ公式ホームページ
https://mi-mollet.com/articles/-/7397

40代のツヤ肌ベースメイクの仕上げ

ツヤはあってもテカリはNGですよね。

40代のツヤ肌メイクの仕上げにはプレストパウダーやフェイスパウダーなどを
ブラシでさっとつけてテカリや化粧崩れを防ぎましょう。

パフよりも、ブラシでつけるほうが小鼻などの細かいところまできちんとつき、
ナチュラルな仕上がりになるのでおすすめ。

頬などの乾燥しやすいところに、しっとりとしてツヤがでる粉を使いたい場合は
最近増えているミネラルパウダーがおすすめです。

ミネラルパウダーはもともと下地に重ねるだけでツヤが出るもの。

しっとりとした、さらにナチュラルなツヤ感がプラスされますよ。

ミネラルパウダーも薄づきにするのがポイントなのでこちらもブラシ使いがベターです。

ミネラルファンデーション

ソフトフォーカス効果で毛穴やシミをナチュラルにカバーし、
上質な艶肌を作ります。

ニールズヤード公式ホームページ
https://www.nealsyard.co.jp

アメイジングベース

コンシーラー、ファンデーション、パウダー、サンスクリーンがひとつになった
ミネラルパウダー。クリームのようになめらかで高保湿。

ジェーンアイルデール公式ホームページ
https://janeiredale.jp

エトヴォスフラットトップブラシ

トップ部分がフラットになった、ミネラルパウダーをつけるのにもおすすめの
ファンデーションブラシ。

エトヴォス公式ホームページ
https://etvos.com

40代のツヤ肌メイクのハイライト使い。

ハイライトを少しだけ入れると光があたったときに、塗らない部分との
シェーディング効果が出て、さらにメリハリが出てきれいです。

ハイライトと言うと、40代以降の女性にとっては、ひと昔前はしっかり線で
入れるようなハイライトだったのでは?!

ツヤ肌メイクのときの、今のハイライト使いのポイントは控えめに。

眉間の少し下、鼻筋のスタートのくぼんでいるところにちょんと置いてなじませます。

昔のように長くは入れないで。

頬のところは、チークの上部あたり、頬骨のところに。

こちらも少しだけ塗るのがポイントです。

光があたったときにハイライト部分がふわっと明るく見える程度に、さり気なく。

パウダータイプよりもクリームタイプやスティックタイプがつけやすいのでおすすめ。

ルナソルグロウイングスティック

しっとりしたテクスチャーで肌にきれいにフィット。
オイルのようなツヤを与えるスティック状のハイライト。
顔立ちに美しい立体感がでる。

ルナソル公式ホームページ

メイベリンニューヨーク マスター ストロビングスティック

内側から輝くようなグロウ感を与え、メリハリのある肌をつくる
てかりにくいハイライト。

肌色で選べるヌードとピンク系の2色。

メイベリンニューヨーク公式ホームページ
https://www.maybelline.co.jp

夕方になると肌の凸凹にファンデがヨレてたまる・・・。

そんなオトナのお悩みに、いま注目されているのが形状記憶ファンデーション

アテニアのツヤ肌形状記憶ファンデ
ラフターフィニッシュ」なら、

真珠パウダーを含んだジェルの光がツヤを与えお肌を均一に

粒子が表情の伸縮に沿って動く

ので小じわや毛穴の崩れを防ぎ、ツヤが持続します。

ツヤ肌形状記憶ファンデ「アテニア ラフターフィニッシュ」の公式サイトを見る

参考資料

『必要なのはコスメではなくテクニック』(長井かおり著 ダイヤモンド社)
『大人のMakeBook』(岡野瑞穂著 ワニブックス)
『大人がきれいに見えるメイク』(岡野瑞穂著 光文社)
『テクニックさえ身につければ「キレイ」はもっと引き出せる』(長井かおり著 講談社)
『TODAY’S MAKE-UP』(草場妙子著 アノニマ・スタジオ)

40代50代はベースメイクが命!プロに聞く若返り(若見え) 方法
同年代の残念メイクやメイクしていて最近気になっていることなどを100人の主婦にアンケート。 そこから見えてきたものは? お悩み解決のためにメイクの専門家にお話を伺っています! (数年前、「メイクが濃すぎ」て話題になった頃の上西議員) (最近話題の上西(うえにし)小百合議員 公式ページ: より) シミ・シワ・...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする