冬でも日焼け止めは必要なの?

f4

夏には一生懸命に日焼け止めを塗っていたけれど、

冬になったら、「まあ、いいか。」と、

日焼け止めなしで買い物や子どもとの散歩をされている方、

おられませんか?

果たして、冬は日焼け止めなしで大丈夫なのでしょうか?

今回は、美肌のためには、冬でも日焼け止めは

必要なのかどうか考えていきたいと思います。

紫外線は年中降り注いでいる

紫外線は波長によってUVAとUVB、UVCの3種類に分けられますが、

このうち地上に届く紫外線はUVA(A波)とUVB(B波)の2種類です。

それでは、まず、UVAとUVBの違いと特徴について、見ていきましょう。

・油断できないUVA

波長の長いUVAは、たくさん浴びても、ヒリヒリする日焼けにはなりません。

しかし、肌の奥まで入り込み、時間をかけてコラーゲンを破壊していきます。

そして、皮膚の弾力を失わせ、シミやしわ、たるみの原因となります。

しかも、オゾン層を通過しやすいので、

曇りの日でも私たちの上に降り注いでいます。

ガラスも通過するので、部屋の中にも入ってくるのです。

そして、何とUVBの20倍以上もの量が地上に降り注いでいるのだそうです。

一番たくさん降り注ぐのは5月ですが、

最も少ない12月でも5月の半分程、

2月には80%程の量が地上にやってきています。

・皮膚ガンのもとにもなるUVB

波長が短いUVBを浴びると、皮膚が赤くなったり、

ヒリヒリしたりするので、日焼けをしたとすぐに分かります。

ひどい時は、水ぶくれになったり、発熱したりすることもあります。

また、UVBは皮膚がんの最も大きな原因と言われています。

受け続けると、細胞がダメージを受け、DNAの突然変異が起こり、

皮膚がんに発展することもあるのです。

UVBのピークは6月から8月です。

冬場はピーク時の20%程ですが、雪による照り返しで日焼けすることもあります。

季節に合った日焼け止めを

f3

上記のように、紫外線は、年中私たちに降り注いでおり、

日焼け止めの必要があることがお分かりいただけたと思います。

でも、だからといって数値の高いものを使えばよい

という訳ではありません。

・SPFやPAってどういう意味?

日焼け止めクリームやUV効果のあるファンデーションなどには

SPFとかPAってありますよね?

あの意味、正しくご存じですか?

それではここで、表示の見方をおさらいしましょう。

まず、SPFというのは「Sun Protection Factor」の略で、

日本語では「紫外線防御指数」と言います。

これは、紫外線UVBを浴びてから皮膚に炎症が起きる時間を

何倍延ばすことができるかという数値です。

炎症が起きる時間は人によって違いますが、

例えば30分で炎症が起きるとすると、

SPF30なら10分×30倍で300分、

つまり約5時間は日焼け防止効果があるということになります。

これに対して、PAは「Protection Grade of UVA」の略で、

UVA防御指数」とも言われます。

皮膚の黒化の原因となるUVAを防御する指数です。

しかし、UVAは長期間の積み重ねで肌に悪影響を及ぼすので、

SPFのように数値化するのが難しく、

防止効果があるという意味の「PA+」から、

防止効果が極めて高いという意味の「PA++++」まで、

4段階で表示されています

・冬は保湿効果のある日焼け止めを

冬でも日焼け防止には気を配らないといけないのですが、

数値の大きい日焼け止めクリームは、肌への負担が大きく、

肌荒れや乾燥の原因になることがあります。

特に空気が乾燥する冬は、強すぎるものは、

一層乾燥を進めることになりますので、

冬の日常使いは、SPF20、PA+くらいがよいでしょう。

乾燥から肌を守るために、

保湿効果のある日焼け止めクリームやUV効果のある

美容液ファンデーションなどがおすすめです。

但し、スキーなど、雪山に出かける時は、

空気が澄んでいる上に、雪の反射もありますので、

SPF30くらいのものを使いましょう。

日焼け止めの正しい塗り方

f2

・まずは保湿!

日焼け止めを塗る前に、

まずは化粧水でしっかり保湿することが重要です。

化粧水が肌にしっかり浸透した後、

オイルやクリームをつけ、その後に日焼け止めクリームをつけます。

・ムラにならないように塗る

少量ずつ手のひらにとって、肌にムラなくのばします。

頬の高いところには優しく重ねづけをしましょう。

髪の生え際や首筋などにも丁寧につけましょう。

・擦り込まない

日焼けしたくないからと、

日焼け止めクリームを肌に擦り込んではいけません。

肌に刺激を与え、肌荒れや乾燥を進めることになります。

・こまめに塗り直す

2,3時間おきに塗り直した方がいいのですが、

仕事をしていたり、小さいお子様がいたりすると、そうもいきませんね。

そんな時は、UV効果のあるルースパウダーが便利です。

冬こそ美肌へのチャンス

f1

来年の夏、今以上に美肌だったらいいと思いませんか?

来年の美肌は、この冬の過ごし方にかかっているんです。

・やっぱり保湿が一番!

美肌のためには、保湿が一番の鍵です。

高価な化粧水をチビチビ使うより、

リーズナブルなものをたっぷりと使う方が効果的です。

保湿はシミやたるみを防ぐための最も大切なスキンケアです。

保湿を十分にすることで、肌のターンオーバーが促進され、

シミの定着を防ぎます。

冬の保湿を怠ると、夏の紫外線によってできたメラニンが蓄積され、

シミやくすみとなって表れることになるのです。

・日焼け防止を忘れない

上で述べたように、冬でも、日焼け止めクリームを塗りましょう。

・美白ケアも

冬は美白ケアにも適した季節です。

夏のようにUVBが強く、日焼けした日は、

美白成分などが入っていない化粧水が安心ですが、

冬はヒリヒリと日焼けすることはあまりないので、

美白成分の入った化粧品でお手入れをしましょう。

まとめ

冬の過ごし方が、来年、そしてこれから先のお肌の状態を決めるのです。

自分のためにも、愛する家族のためにも、いつまでも若々しくありたいものです。

そのためには、冬でも油断することなく、日焼け防止と保湿、美白に努めましょう。

毎日の積み重ねが未来の自分をつくります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします