子供の手荒れに。安心して使えるおすすめハンドクリーム&アイテム5選!

handcare1

冷たい水仕事で荒れやすい手。

でも大人だけでなく子どもだって手荒れします。

刺激が少なく、口に入っても安心な子供におすすめのハンドクリームを5つご紹介します。

なんで手荒れするの?

handcare2

子どもにおすすめのハンドクリームをご紹介する前に、手荒れの原因を見てみましょう。

皮膚を水などから保護しているものを「皮膚膜」といいます。

皮膚膜は皮脂と汗腺から分泌されたものでクリーム状で皮膚を乾燥や菌から守っています。

その皮脂膜が手洗いによってはがされ、水分が蒸発してしまって乾燥し、かさかさになります。

特に子どもは、手洗いの後手をよく拭かないで塗れたままにしていることが原因の手荒れが多いようです。

また、驚くほど色々なものを触っているので子ども手は菌や汚れでいっぱい。

これからご紹介するアイテム(ハンドクリーム)は、この皮膚膜のかわりになり、乾燥や菌、汚れから守ってくれます。

子どものハンドクリームの選び方

子どもの肌はとってもデリケートです。

ハンドクリームなら無香料無着色で低刺激なのは必須。

ベタベタし過ぎず、さらっとしているのに、しっかりと潤してくれるタイプがベスト。

ここでは、病院でも処方されるアイテムから家族みんなで使える低刺激のハンドクリームまでご紹介します。

子どもに安心のハンドクリーム&アイテム

白色ワセリン

handcare3
画像引用:amazon
https://www.amazon.co.jp//dp/B001TUJYFW/

ワセリンの原料は石油です。

石油と聞くと「子供に大丈夫?」と思われるとおもいますが、

精製されていて、小児科でも処方されます。

ドラッグストアにもありますが、高精度になればなるほど値段は高くなります。

全身、赤ちゃんからお年寄りまで家族で使えます。

使ったことのある人はわかると思いますが、かなりべたっとしますので、少しの手洗いではとれません。

筆者は寝る前やお風呂上りにしか使いません。

それでも少しの手荒れなら朝良くなっています。

リップクリームなどにも使えますので、家に1つあると重宝します。

ただし、まれに人によっては赤くなったりするので必ずテストしてから塗ってください。

ヒルドイド


画像:マルホ公式ページより

かつて芸能人も化粧水がわりにつけていたヒルドイド。

※美容目的での使用はお控えください。

軟膏やクリーム、ローションがあり順にサラサラ度が増して使いやすくなりますし、

用途によって使い分けられるとどこでも使えます。

これも小児科ではお馴染みなので子供でも安心ですし、処方してもらえます。

手を洗うとローションでは完全にとれてしまいますので、ワセリンとの併用がお勧めです。

とにかく保湿力は抜群です。

シアバター

ロクシタン

handcare5
画像引用:amazon ロクシタン[L’OCCITANE]ピュア シアバター 150ml [並行輸入品]

●【商品説明】●「ロクシタン シアバター 150ml(並行輸入品)」は、乾燥から肌を守り、しっとりとした潤いを与える保湿クリームです。●シアバターは西アフリカに生育するシアの木の実から取れる100%天然の保湿クリーム。●全身にお使いいただけます。●※並行輸入品の為、国内正規品と成分、パッケージ等が異なる際がございます。...

シアバター100%で作られていて、もちろん子供が舐めても大丈夫です。

筆者は頑固な手荒れ・あかぎれを繰り返し、手先の皮膚が硬く1年中手荒れ状態でしたが、

このロクシタンのハンドクリームを使いはじめてすぐに症状が改善しました。

手先の皮膚は硬いままですが、手荒れしなくなりました。

べたっとした状態にはなりますが、少しの手洗いではとれません。

ママバター ハンドクリーム(無香料)

ママバター MAMA BUTTER のハンドクリームは、シアバター20%配合のハンドクリーム。べたつかないのにしっかり保湿。

シアバター20%配合でべた付かずさっとしているのにしっかりと潤すと人気のハンドクリーム。

敏感な赤ちゃんから家族全員安心して使用できるシリコン・合成香料・合成着色料・鉱物油・パラベン無添加。

ユースキン ハナ ハンドクリーム

ユースキンhanaのご紹介。悩み別、シリーズ別で探すユースキン製薬のスキンケア。

ハンドクリームでおなじみのユースキン製薬の中でも高浸透高保湿ハンドクリーム。

アルコール・鉱物油・パラベン・動物由来成分フリーの低刺激処方なのにしっかいろと保湿してくれる濃厚クリームです。

ウエットラップ法って知ってますか?

handcare6

あまり知られていない方法にウエットラップ法があります。

手洗いの後手を拭かずに、濡れたままワセリンなどのべったとした軟膏を塗る方法です。

これだと、適度な水分が皮膚に残りやすく乾燥状態を改善するといわれています。

慣れるまではワセリンなどの軟膏の量がわからずにべたつくとは思います。

べたつきすぎたときは、手にワセリンを刷り込んだ後ティッシュなどで軽く拭くといいです。

拭きとっても、しわの中に残っているので問題はありません。

手荒れがひどい時は手袋を

おすすめしたアイテムやハンドクリームをしばらく塗ったのにイマイチ手荒れが改善しない場合は、手袋をはめてみてください。

寝る前にしっかりと保湿剤を塗りこんで手袋をして塗るだけですっかり良くなりますよ。

ただし、長時間つけすぎたり、素材によってはふやけて悪化することもあるようなので、様子を見ながら試してください。

6、まとめ

冬の手荒れがひどくなると、あかぎれに進行してつらい思いをします。

カサカサの手は、かわいそうになってきますよね。

そうなってからでは治るのに時間がかかりますので、

できれば1年中ハンドクリームを塗ることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする