主婦のパートとアルバイト、何が違うの?

女性の社会的役割が見直され、子育てをしながら働く方が急激に増えています。

待機児童の問題が改善されたり、
既存の働き方に捉われない働き方が普及したりすれば、
働く女性はますます増えることだと思います。

また、子育て中は一時的に仕事から離れていた方が、
子育てが一段落したのをきっかけに
、家計のため・自己実現のためなど、
様々な理由で社会復帰を実現していく例も増えていますね。

こうした時代の流れから見ても、今は女性が働くことに大きな意義があります。

もし今、社会に出ることを迷っているとしたら、
是非、勇気をもって一歩踏み出し、
もう一度社会に出て働く喜びを感じていただきたいと思います。

ただ一方で、家庭に専念して過ごしていた方が、
何年かのブランクを経て、新しいことに挑戦したり、
社会的責任を担って働いたりすることは、
とても大きな決断を要することだと思います。

ご自分の決心だけではなく、ご家族の理解や協力も必要になってきますね。

そこで、
「専業主婦からいきなり正社員を目指すのは、ちょっと荷が思いなぁ。」
と感じる方には、
まずはパートやアルバイトとして社会復帰することをおすすめします。

ここでは、パートとアルバイトの違いをご紹介しますので、
是非、参考にしてみてください。

ご自分やご家族のライフスタイルを尊重しながらも、
社会と関わりながら収入を得ることで、
ますます有意義な人生を送れるようになると思いますよ。

パートとアルバイトの違い

「パート」と「アルバイト」の違いをしっかりと理解できている方は、
どれくらいいらっしゃるでしょうか。

一般的には、「アルバイト=学生」、「パート=主婦」
というイメージが強いと思いますが、実は法律上の明確な区分はありません。

どちらも「労働者」としての立場は同じで、
その権利は労働基準法で守られています。

「パートとアルバイト、何が違うの?」と聞かれれば、
「法律上の違いはないけれど、職種や求める人材の違いなどがある」
というのが正確な答えになりそうですね。

ここで、アルバイトとパートで一般的な求人票の内容に
どのような違いがあるかを見ていきましょう。

アルバイトに多い内容

「アルバイト募集」の求人票に特徴的な内容をご紹介します。

アルバイトに多い職種

ファーストフード店・ファミリーレストラン・居酒屋など飲食店のスタッフ、
カラオケ・映画館・遊園地等の娯楽施設のスタッフ、
家庭教師・塾講師など

アルバイトで募集される人材

10代後半から20代前半など、学生を対象にしていることが多く、
勤務先となる企業で社会保険に加入する必要がない方を
対象にしていることが多いようです。

また、早朝・深夜などの時間帯に働ける方を募集していることも多いので、
時間に融通の利く方なら、学生でなくとも採用につながる可能性が高そうです。

比較的、若いスタッフが多い職場であることが多いので、
普段の生活とは一味違った環境を楽しむことができるでしょう。

パートに多い内容

次に、「パート募集」の求人票に特徴的な内容をご紹介します。

パートに多い職種

スーパー・クリーニング店など、
生活に直結するお店のスタッフ、
飲食店の調理スタッフ、
工場などのラインスタッフ、
事務作業などのデスクワーク

パートで募集される人材

募集年齢はアルバイトに比べて広く、
20~50代の間を対象にしていることが多いようです。

また、昼間の時間帯(子供が学校などに行っている間の時間帯)を
中心に募集されることが多いので、必然的に主婦が多く集まる傾向にあります。

比較的、同じような環境にある方が多いので、
良い職場に恵まれ、仕事に慣れてくると、
パートさん同士で助け合ってシフトを調整したり、
日常の些細なことを相談しあったりできるようになるのも、
主婦の多いパートならではの特徴と言えそうです。

社会保険制度を完備している企業も多いので、
夫の扶養から外れてしっかり稼ぎたい方も安心して働くことができますね。

まとめ

冒頭では、
アルバイトとパートには法律上の明確な違いがないことをご紹介しましたが、
私たちがよく目にする求人票には、
それぞれに共通する特徴があることをご理解いただけたでしょうか。

これらの違いをよくご理解いただいたうえで、
自分や家族に過剰な負担をかけずに働くことが、
最も理想的な働き方ではないでしょうか。

一度、社会から離れてしまうと、
もう一度働くことがとても難しいように感じてしまうと思いますが、
思い立った時こそチャレンジの時だと思います。

是非、お住まいの地域の求人票をチェックして、
気になるものに応募してみてはいかがでしょうか。

そこから新たなライフステージが始まるかもしれませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします