育った環境が違う!結婚してから実感したこと10選

■この記事を書いた人
婚活マニア
一緒にお昼やお茶をする女友達は10人程いるのに、恋愛に発展しない。結婚相手は婚活で見つける(2回)。

「この人となら一緒に住んでもやっていける」

と思って結婚して夫婦になり同居したものの、

数ヶ月もすると自分では当たり前と思っていたことが夫には当たり前ではなかったみたい。

ストレスの原因にもなる、夫婦間の育った環境の違いによる行動・言動の違い。

あなたも多かれ少なかれ感じているでしょう。

あなたが感じているということは、相方である夫も育った環境の違いを実感していることでしょう。

今回、夫目線で、育った環境の違いを実感する場面についてアンケートを実施しましたので、10選として紹介します。

育った環境の違い
1位?食べ方が汚い

・「食事のとき、ボロボロと食べ物をこぼす」

・「寝転がりながらお菓子をボリボリしている」

おそらく妻目線でアンケートを取っても出てくるであろう項目、食べ方の問題です。

今回のアンケートでは回答がありませんでしたが、

「食事中にテレビを見ても良いか問題」なんかも育った環境で違いが出そうですね。

「寝転がりながらお菓子をボリボリ」はともかく、

「食事のとき、ボロボロと食べ物をボロボロこぼす」のは、デートで食事に行った時に気にならなかったのかーい、と突っ込みたくなります。

食文化・食べ方の違いは
育った環境を大きく左右

・「『お好み焼き+ご飯』の組み合わせが食卓に並ぶなんて信じられない」

・「トウモロコシをかぶりついて食べたら、妻に下品と言われた」

最初の意見は妻の出身地がおおよそ分かってしまいますね(苦笑)。

関西地区の方からしてみれば当たり前ですが、他地方の方からしたら

「炭水化物+炭水化物」の組み合わせでびっくりしてしまいます。

育った環境(地域)が違いを感じる例としては、これ以上分かりやすい例は無いでしょう。

2つ目の意見は「食べ方が汚い」に入るのかな?と思いながら調べたところ、

かぶりついて食べるのはマナー違反ではなさそう。

どのような食べ方が下品と感じるかも、育った環境が違うことで発生する小さな例と言えそうです。

近所付き合いゼロ。
育った環境の違いに依存

・「隣人とすれ違ってもあいさつしない」

・「町内会の仕事、多少は手伝ってほしい」

近所付き合いをどこまでするかは、育った環境にかなり依存します。

都心の「隣は何をする人ぞ」みたいな関係(言い過ぎ?)で育った人と、

先代から同じ土地にいて隣人が家族同然みたいな関係で育った人では、当然ながら近所付き合いの価値観に差が出るのも仕方がありません。

夫婦間で近所付き合いの差が出るのは仕方ないものの、

夫目線で見た時、最小限「おはようございます」ぐらいのあいさつはして欲しいというホンネが見えるアンケート結果でした。

付き合い良すぎる。
頻度は育った環境がお酒を飲むかによる

・「妻が毎日のように飲み会に参加している」

・「土日に趣味のツーリングに出かける」

専業主婦が当たり前だった時代には少なかった意見かも知れませんね。

仕事の後の1杯は男だけの特権ではありませんので、妻がやっても問題はありません。

しかしその頻度について参考になるのは、自分の親でしょう。

親が毎日のように飲んでいた家庭で育った人と、

そもそも親が飲みに行かなかった家庭で育った人では、

考え方に違いが出ても仕方がありません。

夫目線では、妻が毎日出歩くのは色んな面で不安を感じますので、

程々にしてもらえると嬉しいはずです。

高いものを買う。
育った環境は違うと物を選ぶ基準も変わる

・「金銭感覚の違い。私は安くて良いものを買うが、妻は高くて良いものを買う。自分の方が賢い使い方だと思う」

・「全然使わないのは目に見えているのに、高額のダイエット器具を買う」

物を選ぶ基準は育った環境が違うと、当然ながら違ってくるでしょう。

子ども時代、家にあったものが判断基準になり、大人になり肉付けされていく感じでしょうか。

前者は夫も妻も自分が正しいと信じていそうですので、

お互いにプレゼンでもしてみれば感覚のズレを解消できるのではないでしょうか?

後者は、夫が妻に如何に無駄な買い物であるかをプレゼンしてみれば感覚のズレが無くなる…かも?

やたら保険に入りたがる。
サラリーマン?自営業?育った環境の違い

・「学資保険や生命保険を積極的に考えている」

・「郵便局や銀行に行くと、必ず保険のパンフレットを持ち帰ってくる」

これも育った環境が違うことで発生する考え方の違いでしょう。

サラリーマンであれば失業保険に厚生年金による障害年金と、多少のセーフティーネットが存在しますが、自営業では国民年金による障害年金のみ。

万一の時の備えは保険で、と考える方も多いです。

実家が自営業であれば、保険に関心が増えるのも仕方ないでしょう。

私の知り合いで自営業をしている方は、気が付いたら月50万も保険料を払っていたそうです。

サラリーマンの私の感覚では何にそんなに払うんだ?と思ってしまうのですが、

自営業の方からしたら当たり前のことなのかも知れません。

家族内のしきたり。
風習は育った環境の違いを実感しやすい

・「うちの地域では『妻は夫に対して敬語で話さなければならない』という風習がある。妻はその風習についてどう思っているのか気になる」

これは明らかに育った環境が違うことで発生していますね。

アンケートに協力して下さったこの男性の場合は、変な風習と思っているようなので柔軟に対応できそうです。

「世の中の妻全員が夫に対して敬語で話すべき」なんて思って婚活すると、相手の女性が見つからないかも知れませんね。

車の運転。
部分的に育った環境がわかる

・「妻の実家に車で行くとき、曲がるべき交差点に車が入ってから『ここ右折』とか言ってきた。もっと手前で言ってくれよ…」

・「妻の運転は加速が急すぎて恐ろしい」

部分的には育った環境が違うことで発生することでしょう。

前者の場合、妻の実家が車を所有しておらず、妻自身も運転免許を持っていない場合、

車とは無縁の生活となります。

徒歩か自転車の感覚で道案内をしてしまっても仕方のないことです。

後者は、妻が名古屋出身だったり、職業がレーサーだったりするのでしょうか…?

室内の汚れ。
育った環境により清潔度も違う?

・「全然汚れていないのに掃除機をかける」

・「毎日布団のシーツを洗う」

潔癖症とまではいかなくても、毎日掃除機をかける家庭で育った場合は、

毎日掃除機をかけるものだと思っている可能性があります。

シーツも同様です。

今回は「夫が妻に対し」育った環境が違う場合でアンケートを取りましたが、

「妻が夫に対し」育った環境が違う場合でアンケートを取った場合、

「『毎日掃除機をかけなくても良いのに』と言われた」

「夫に洗濯任せたら、シーツを週一でしか洗ってくれない」

などと言う意見が出てきそうです。

マナーが全然なっていない。
しつけは育った環境の違いが一目瞭然!

・「箸の持ち方が明らかに変」

・「私と散歩している時でも歩きスマホする。どこからどう突っ込めば良いのか」

妻が夫に対しマナーがなっていないと感じるのと同様、

夫も妻にマナーがなっていないと感じるようです。

夫婦平等ですね(笑)。

私は両親から箸の持ち方をしつけられましたので、箸の持ち方が変なのは育った環境が違う代表例でしょう。

歩きスマホはデート中(?)でも、一人で歩いているときでも止めましょう!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

夫婦になったものの、夫婦になる前の育った環境の違いを感じる場面を紹介しました。

人は育った環境で体験したことが正しいと判断して行動するものですので、

育った環境の違いを感じることは当然です。

違いを感じた後、どちらが良いか夫婦で判断し、行動や考え方を改めることで、

より良い生活ができるのではないでしょうか?

…とキレイ事を言いましたが、これだけ書いてもあなたはダイエット器具買っちゃいますよね?(苦笑)

夫が妻に「ケチ臭い」と感じる時10選
家計の出費を抑えるため苦労しているのにオトコから見たら「ケチ臭い」と思われている。 あるいは夫との金銭感覚の違いが原因で「ケチ臭い」と思われている。 良かれと思ってやっていることが夫から煙たがられていた何てことにもなりかねません。 そこで、世の中の夫に聞いてみました。妻に「ケチ臭い」と感じるときはこんな時です。 ドケチ!妻からもら...
妻には働いて欲しい?専業主婦になって欲しい?それぞれの理由5つ
妻は家を守って当たり前(専業主婦)という価値観が当たり前だった昔と異なり、今や女性も働く時代。 そうは言っても長年の経験則で形成されたのが専業主婦。それなりのメリットはあるはずです。 どっちが正しいんだ? 私は働きたいけど世の中の男はどう思っているの? おそらくどちらが正しいというのは無いと思いますが、確かに男の意見を...
嫁の方が年収高い!男のプライドを保つ為、妻に気をつけてもらいたいこと5選
昭和の時代とは異なり、今や一億総活躍社会、男女雇用機会均等の時代。 男の方が稼ぎが多くて当たり前の時代は過ぎ、夫婦の収入を比較してみたところ、嫁の方が年収が高いなんてこともザラにある時代になりました。 嫁の方が年収の高い結婚を「格差婚」などと呼んだりします。 そこで今回は嫁の方が年収が高いという男性の意見を集めました。 ...
お盆に嫁の実家に行きたくない!夫が嫌がる理由10選
日本には何故かお盆と言う名の連休があります。そして当たり前のように嫁から「帰省の準備した?」と聞かれます。日本人の悪い(?)癖「みんなやっているから」ウチも帰省するわよ、と反論の隙を与えぬ帰省することを毎年のように既成事実化されてしまいます。 実際のところ、世の中の既婚男性に意見を伺ったところ、嫁の実家に行きたくない意見が多数ありました...
男性が友人の嫁を羨ましいと思うのはこんな時!10選
隣の芝生は青い?お前が選んだ嫁だろ? 正論ですが、友人の嫁が羨ましいと思うことは男なら多かれ少なかれあります。 どんな時に男(旦那)が友人の嫁が羨ましいと思うのか意見をまとめてみました。 男の生態を知りたい奥様、是非見ていってください! 友人の嫁の顔が好み。 単純に羨ましい ・「顔が自分の好みだった時」 ・「...
【オトコ目線】主婦とのプラトニック不倫ってあり?メリットデメリットは?
三省堂の大辞林によりますと、プラトニックとは 「純粋に精神的なさま。特に、恋愛において、肉欲を伴わず純粋に相手を思うさま」 とあります。 平たく言えば「体の関係が無い恋愛」と言えます。 そんな恋愛ってありなのか? プラトニックでない不倫を継続している立場の私から見ても、主婦とのプラトニック不倫はありです。 ...
主婦。不倫相手との出会いのきっかけは?パート先・ママ友の夫から風俗まで12パターン
主婦は、家にいる時間が長いので不倫相手と出会うきっかけがないように感じますが、 実はお仕事をしている男性より出会いのきっかけが多いことをご存じでしたか? どこで知り合って、なぜ不倫をしてしまうのか、その後どうなってしまうのでしょうか・・・ 主婦が不倫相手と出会うきっかけあるある12パターン 多いのは、趣味の場、学校や習い事の先生、...
妊娠中に旦那が浮気!そうならないために・・・「男目線」の防止法5つ
旦那が浮気。 ただでさえ夫婦間でもめる行為ですが、それが妻の妊娠中となればもっと許されざる行為と世間では捉えられているようです。 芸能人の小倉優子さんが妊娠中、旦那に浮気された時には、世間から同情されたなんて事もありました。 妻の妊娠中に旦那が浮気した場合、旦那が悪いのは当たり前だとしても、妻にとっても精神的な大ダメージです。 ...
夫の浮気の原因を知りたい?私が浮気する4つの理由とは
相模ゴム工業株式会社の調査によりますと、パートナー以外にセックスをする方がいる男性の割合は26.9%。4人に1人は浮気している計算になります。 ではなぜ男は浮気するのでしょうか。 浮気の原因は何でしょうか。 26.9%に入っている私の理由を4つ紹介します。 信じがたい原因!優しい男だからこそ浮気する! 優...
嫁の浮気を見破った方法とは?妻の浮気で離婚したアラフォー男の実体験
今も昔も男女間のアレコレは色々あるようです。その中でも厄介な結婚相手の浮気。 今回は妻に浮気され離婚を選んだ私の経験から、妻の浮気を見破る方法を紹介します。 妻に浮気されているかも?まずは「妻の変化」を切り口に! 「夫が妻の浮気」を見破る方法、「妻が夫の浮気」を見破る方法、実は基本的な部分は同じです。 見破る第...
旦那の浮気のチェック方法間違ってない?浮気男が一番嫌がる方法教えます
こんにちは。 結婚してからの不倫歴6ヶ月の新米(?)浮気男です。 最近女友達と飲みに行った時「同棲しているカレが浮気しているかも…」と相談されました。 女友達はカレが本当に浮気しているのか知りたいようでした。 そこで、男が一番嫌な浮気のチェック方法を伝授しました。 そのチェック方法とは、ずばり 「カ...
セックスレスになりやすい夫婦の特徴と 打破するにはなにをすべきか?
セックスレスは他人には相談しづらい、夫婦の敏感な問題ですよね。 悩んでいる人は意外と多いと思います。 セックスレスになりやすい夫婦の特徴とは? どうすればセックスレスを防げるのか、 セックスレスを打破する方法もご紹介します。 セックスレスになりやすい夫婦の特徴 〇容姿が変わった くさい、太った、老けた、ハ...
「仮面夫婦」続けて大丈夫?離婚よりも傷つく子どもの心を知る
川崎市中1殺害事件、寝屋川市中1殺人事件などの背景として、 家庭における子供の居場所の重要性が取り沙汰されたことは記憶に新しいと思います。 夫婦の関係性が、思春期の子どもに与える影響が大きいことは 、子を持つ親なら誰しも一度は耳にしたことがあることでしょう。 我が子を幸せな大人に育てたいと日々奮闘する、親としての立場から、 今一...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする