嫁の方が年収高い!男のプライドを保つ為、妻に気をつけてもらいたいこと5選

■この記事を書いた人
Taka
持ち前の観察能力を武器とした作業が得意。人間観察からコンピュータのプログラム観察までこなす、現役プログラマー。

昭和の時代とは異なり、今や一億総活躍社会、男女雇用機会均等の時代。

男の方が稼ぎが多くて当たり前の時代は過ぎ、夫婦の収入を比較してみたところ、嫁の方が年収が高いなんてこともザラにある時代になりました。

嫁の方が年収の高い結婚を「格差婚」などと呼んだりします。

そこで今回は嫁の方が年収が高いという男性の意見を集めました。

お題は「嫁の方が年収高い夫、こういう時にプライドを傷つけられた」。

この意見をもとに、男のプライドを保つ為、妻に気をつけてもらいたいこと5選としてまとめてみました。

給料について口出ししない

「俺の給与明細を見て『あれ?俺氏の給料○○万円なの?もっとあると思っていた』と言われた。

嫁の言い分は、正社員でそれだけの仕事をしているのであればもっと給料が高いんじゃと、ふと疑問に思ったから聞いただけと言っているが、こちらにしてみりゃ『お前それだけしか貰っていないの?』と言われた気がした」

男ってその程度のことでプライドが保てなくなるの?と思った方は要注意です。

残念ながら男のプライドなんて簡単に崩壊するものです。

これは、男の言葉の受け止め方の心理と、女の言葉の受け止め方の心理の違いに起因するものですが、論点がズレてしまいますのでここでは割愛します。

ちょっと何言っているか分からない、と感じた方も次のことを守れば問題ありません。

「給料、稼ぎの話題はNG、ゼッタイ!」

おそらく格差婚と言うことは、結婚前に小遣いはいくらとか、家計に入れるお金はいくらとか、お金に関する取り決めをしているでしょう。

その約束事の範囲でお金が動いている間は、お金に関する話題はNGと心得ましょう。

なんならお互い、正確な稼ぎを非公表にするのも良いでしょう。

家事について文句言わない

「嫁の方が仕事が忙しいので、基本的に家事は夫の私がやっています。嫁が帰ってくるまでに家事が終わらないと文句言われる。こっちだって専業主夫じゃないから、家事でできることの限界があるよ」

「少しは家事を手伝ってほしい」

昭和の時代は夫が嫁に散々言っていたことで、嫁は文句言われて「こっちも大変なんだから…」と思いながらストレスを溜めていたことと思います。

夫と嫁の立場が変わっても、家事を担当する側は文句を言われる担当なのでしょうか。

これらの夫の意見を見る限り、夜遅くなっても家事をしっかりこなしているようです。

手際が悪くても、時間がかかっても、家事をしっかりこなしてくれている夫に嫁さんが感謝をしてほしいところです。

手際が悪いことに関しても、例えば順序が気に食わない場合であれば「毎日家事をこなしてくれてありがとう。○○と△△、△△を先にして速く終わらせて、2人の時間が増えるとうれしいな」などと、感謝の気持ちと共に伝えると効果的です。

「なんで△△の前に○○をやるのよ、このハゲーーーー!」なんて言い方と比較してみて、どちらの言い方が夫が動いてくれるか想像してみると良いでしょう。

あと、お互い働いているのですから、家事分担については話し合いましょう。

お互いに無理の無い範囲で。

自分のことは自分でやる

「靴下ぐらい自分で履いてくれよと思う。」

「お互い自分の口座にお小遣いをプールしているのだから、『ATM行くの面倒だからお金貸して』と言わずに自分でお金をおろしてほしい」

背広(スーツの上着)や靴を玄関に用意するならともかく、靴下は昭和の時代でもあまり聞かなかったような…

靴下まで大袈裟でなくとも、夫も嫁も稼ぎがあるという観点からは自立しているのです。

自分の身の周りのことぐらいは自分でやってほしい、そこまで甘えないでと。

後者についても同様なことが言えそうですが、こちらは別解があります。

嫁がATM行くの面倒であれば、夫婦の取り決めを変えることで対応してしまえば良いのです。

夫と嫁の小遣いを夫が管理してしまえば、嫁はATMに行かずに済みます。

ありふれた言い方ですが「話し合いましょうよ」ということです。

靴下の件も話し合えば解決?

金銭感覚の差異を埋め合わせる

「嫁の無駄遣いがすごい。時間や手間を金で買うと言えば聞こえがいいが、少し遠いスーパーに行けばもっと節約できると思うともったいない気がする」

「スマホの課金額に驚いた。嫁の収入―課金額=俺の収入 と思うと、嫁の働く目的はスマホの課金なのだろうかと思ってしまうほど」

夫婦円満のコツの一つに「金銭感覚の一致」がありますね。

嫁の方が収入が多いということは、嫁の方が支出に対しても寛容な意見となるでしょう。

そのことが端的に見える意見です。

これについても「話し合いましょうよ」ですが、日用品や食品での金銭感覚の差であれば、夫に買い物を一任してしまうのも一つの案でしょう。

旅行やブランド品については話し合いで何とかなります。

スマホの課金額は…。

仕事でのストレス発散で課金なんでしょうか。

夫婦の取り決めの範囲内であれば夫が口出しすべきでないとは思うのですが、嫁ちゃんが心配になってしまいます。

稼ぎが減ってもストレスの少ない仕事に就く方が財布的にも精神的にも楽になるのでは、と。

夫を見下さない

「嫁が知り合いに紹介する時『給料は私が上』と言う。つらたん」

「娘と嫁が格差婚をネタにいじってくる。嫁にいじられるのは構わないが、娘の教育上大丈夫か心配になる」

格差婚を承知で結婚しているのですから、夫婦の間だけであれば格差について「まあ仕方ない」と割り切れる夫も多数います。

しかし、夫婦意外となると別です。

それがあなたの知り合いであったり、娘といった近しい人であっても例外ではありません。

最初の項目で「給料、稼ぎの話題はNG、ゼッタイ!」と紹介しましたが、夫婦外の人に対しては更にNGです。

「やったら家が爆発する」ぐらいの気持ちでいましょう!

さいごに

本記事で紹介した「妻に気をつけてもらいたこと」をご覧になってどう感じたでしょうか?

実はこれらは、以前であれば「妻を怒らせないための夫の心得」みたいなものでした。

例えば専業主婦に対して夫が「お前は稼ぎがないのだから」と言えば、どう考えても喧嘩になるか仲が悪くなるしかないでしょう。

重要なことは

・夫婦がお互いに尊敬し合う
・コミュニケーションを取る

の2点です。

お互いに尊敬していれば、嫁の方が年収が高いといったことはどうでも良い事実となります。

靴下履かせろとか家事に口出しだってしないでしょう。

コミュニケーションをしっかり取っていれば、多少の金銭感覚の差異は埋められるでしょう。

昭和の時代は(良いか悪いかは別にして)男主導で社会が形成されてきました。

稼ぎの点でも男のプライドを簡単に保てるよう、男の方が高収入になるような仕組みとなっていました。

そして平成。

社会の仕組みは男女平等の方向へと急激に変化しましたが、男のプライドは面倒臭いことに遺伝子レベルで刻まれたものです。

30年レベルでは簡単には変化できません。

遺伝子が追いつくまでの間、嫁の方が年収高い家族におかれましては、男のプライドが保たれるよう嫁様にご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

お盆に嫁の実家に行きたくない!夫が嫌がる理由10選
日本には何故かお盆と言う名の連休があります。そして当たり前のように嫁から「帰省の準備した?」と聞かれます。日本人の悪い(?)癖「みんなやっているから」ウチも帰省するわよ、と反論の隙を与えぬ帰省することを毎年のように既成事実化されてしまいます。 実際のところ、世の中の既婚男性に意見を伺ったところ、嫁の実家に行きたくない意見が多数ありました...
男性が友人の嫁を羨ましいと思うのはこんな時!10選
隣の芝生は青い?お前が選んだ嫁だろ? 正論ですが、友人の嫁が羨ましいと思うことは男なら多かれ少なかれあります。 どんな時に男(旦那)が友人の嫁が羨ましいと思うのか意見をまとめてみました。 男の生態を知りたい奥様、是非見ていってください! 友人の嫁の顔が好み。 単純に羨ましい ・「顔が自分の好みだった時」 ・「...
【オトコ目線】主婦とのプラトニック不倫ってあり?メリットデメリットは?
三省堂の大辞林によりますと、プラトニックとは 「純粋に精神的なさま。特に、恋愛において、肉欲を伴わず純粋に相手を思うさま」 とあります。 平たく言えば「体の関係が無い恋愛」と言えます。 そんな恋愛ってありなのか? プラトニックでない不倫を継続している立場の私から見ても、主婦とのプラトニック不倫はありです。 ...
主婦。不倫相手との出会いのきっかけは?パート先・ママ友の夫から風俗まで12パターン
主婦は、家にいる時間が長いので不倫相手と出会うきっかけがないように感じますが、 実はお仕事をしている男性より出会いのきっかけが多いことをご存じでしたか? どこで知り合って、なぜ不倫をしてしまうのか、その後どうなってしまうのでしょうか・・・ 主婦が不倫相手と出会うきっかけあるある12パターン 多いのは、趣味の場、学校や習い事の先生、...
妊娠中に旦那が浮気!そうならないために・・・「男目線」の防止法5つ
旦那が浮気。 ただでさえ夫婦間でもめる行為ですが、それが妻の妊娠中となればもっと許されざる行為と世間では捉えられているようです。 芸能人の小倉優子さんが妊娠中、旦那に浮気された時には、世間から同情されたなんて事もありました。 妻の妊娠中に旦那が浮気した場合、旦那が悪いのは当たり前だとしても、妻にとっても精神的な大ダメージです。 ...
夫の浮気の原因を知りたい?私が浮気する4つの理由とは
相模ゴム工業株式会社の調査によりますと、パートナー以外にセックスをする方がいる男性の割合は26.9%。4人に1人は浮気している計算になります。 ではなぜ男は浮気するのでしょうか。 浮気の原因は何でしょうか。 26.9%に入っている私の理由を4つ紹介します。 信じがたい原因!優しい男だからこそ浮気する! 優...
嫁の浮気を見破った方法とは?妻の浮気で離婚したアラフォー男の実体験
今も昔も男女間のアレコレは色々あるようです。その中でも厄介な結婚相手の浮気。 今回は妻に浮気され離婚を選んだ私の経験から、妻の浮気を見破る方法を紹介します。 妻に浮気されているかも?まずは「妻の変化」を切り口に! 「夫が妻の浮気」を見破る方法、「妻が夫の浮気」を見破る方法、実は基本的な部分は同じです。 見破る第...
旦那の浮気のチェック方法間違ってない?浮気男が一番嫌がる方法教えます
こんにちは。 結婚してからの不倫歴6ヶ月の新米(?)浮気男です。 最近女友達と飲みに行った時「同棲しているカレが浮気しているかも…」と相談されました。 女友達はカレが本当に浮気しているのか知りたいようでした。 そこで、男が一番嫌な浮気のチェック方法を伝授しました。 そのチェック方法とは、ずばり 「カ...
セックスレスになりやすい夫婦の特徴と 打破するにはなにをすべきか?
セックスレスは他人には相談しづらい、夫婦の敏感な問題ですよね。 悩んでいる人は意外と多いと思います。 セックスレスになりやすい夫婦の特徴とは? どうすればセックスレスを防げるのか、 セックスレスを打破する方法もご紹介します。 セックスレスになりやすい夫婦の特徴 〇容姿が変わった くさい、太った、老けた、ハ...
「仮面夫婦」続けて大丈夫?離婚よりも傷つく子どもの心を知る
川崎市中1殺害事件、寝屋川市中1殺人事件などの背景として、 家庭における子供の居場所の重要性が取り沙汰されたことは記憶に新しいと思います。 夫婦の関係性が、思春期の子どもに与える影響が大きいことは 、子を持つ親なら誰しも一度は耳にしたことがあることでしょう。 我が子を幸せな大人に育てたいと日々奮闘する、親としての立場から、 今一...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする