専業主婦がカードローンで即日融資できる方法は?


収入のない専業主婦でも借りられるカードローンは、総量規制の対象じゃない銀行カードローンだけって聞くけど、

  • 総量規制ってどういうこと?
  • カードローンとキャッシングって何が違うの?
  • 夫に内緒でキャッシングできるの?
  • WEB完結なら家にいながらキャッシングできるの?
  • 審査で在籍確認ってあるの?
  • 専業主婦でも審査に通ればカードローンで即日融資できる?
  • 審査に身分証明書や収入証明書って必要?
  • 限度額ってどのくらい?
  • 夕方からや土日祝日でも即日キャッシングできるの?
  • 人気でおすすめのカードローンは?

などなど、疑問がいっぱい。だから、専業主婦が「お金を借りたい」と思っても、ハードルが高くてなかなか行動に移せませんよね。でも、誰にもバレずに内緒でお金を借りたいから、旦那やご近所さんには聞けないことばかりです。

そこで、専業主婦がお金を借りるときの疑問を解消できるように、専業主婦でも借りられるカードローンの基礎知識について徹底解説します。

目次

1 カードローンとは

教育ローン、住宅ローン、自動車のローンなど、ローンとつく言葉いろいろあります。では、これらのローンとカードローンって、一体何が違うのでしょうか?

カードローンとは、銀行や消費者金融が発行したカードを使用して「利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れ可能な融資」をいい、一般的には、金融機関から、無担保でお金を借り、分割で返済することが可能です。

担保とは将来生じるかもしれない不利益に対して、それを補う保証をすること。つまり、お金を返せなかった時に代わりとなるものです。銀行で高額な融資を受ける時に、「家と土地を担保に」といった話を聞いたことはありませんか?住宅ローンは支払えなくなった時にはその家を、自動車のローンはその自動車自体が担保となります。

無担保とは、そのような代わりになるものがなくても、お金を借りられるということです。担保がない分、借りる前に返済することができるかどうかが必ず審査されます。その審査で決定された金額(利用限度額)を銀行や消費者金融会社から、担保なしで借りることができ、一括ではなく、分割して返せるのがカードローン。

そして、住宅ローンや自動車のローンを異なり、一度ではなく、限度額内であれば繰り返し何度でも借りることができます。

1-1 カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いって、何だかわかりますか?同じくお金を借りることですが、何が違うのか、イマイチわかりませんよね。

キャッシングは、カードローンを利用するために発行されたカードやクレジットカードを利用して現金自動支払機(ATM)から現金を引き出して小口融資を受けることですが、特に定義が定まっているわけではありません。具体的には、短期で借りる小口融資を受けるために、例えばクレジットカードなどについているキャシング機能を使って、ATMやCDでお金を借りることをキャッシングを言います。

クレジットカードを利用した借入限度額が数万円から数十万円と少額で、返済方法は翌月一括払い、金利もカードローンに比べて高めであるのが一般的です。クレジットカードのほとんどに、キャッシング機能がついているので、カードさえ持っていれば、その場でキャッシングを利用することができます。

つまり、クレジットカードの審査が通っていればお金を借りるのに新たな申込みや審査がいらないということですね。逆に言えば、「審査がないので、きちんと返済できるかがわからないから、少額しか融資できないし、金利も少し高めにしておきますよ、翌月には返して下さいね」といった感じでしょうか。

また、カードローンを利用するために銀行や消費者金融会社が発行するカードを使って、ATMやCDからお金を引き出したり、指定した金融機関の口座に振り込まれるといった方法でお金を借りることもキャッシングの一種です。

あらかじめ、申込み手続きを行い、審査結果に応じた借入限度額の範囲内であれば、何度でも借りられます。借入限度額は、数十万から数百万円と高額な場合が多く、返済方法は毎月の分割払いで返すことができます。

金利はクレジットカードを利用したキャッシングに比べてやや低いのが一般的です。「審査をして返済ができるか確認してあるから、その分融資しますよ。返済能力もあるので、金利も低めでOK、すぐに全部返さなくても、コツコツ返せばいいですよ。」といったイメージでしょうか。

クレジットカードを利用したキャッシングは、面倒な申込み手続きがないので、給料日やボーナスを目の前に、10万円以下の金額が急に必要な場合などに便利ですが、翌月に返しても高い金利がつきます。

一方、カードローンの方が金利も低めで、分割して返すことができるので、お財布にも余裕が持てます。ただし、計画的に返していかないと、低い金利でも、長くかかれば、その分利息も積み重なるので注意が必要です。

1-2 カードローンの種類

カードローンには銀行系カードローン、流通・信販系カードローン、消費者金融系カードローンの3つがあります。

それぞれに特徴があり、メリットデメリットがあります。それぞれの特徴を知り、自分の目的に合ったカードローンを選ぶ必要があります。

1-2-1銀行系カードローン

銀行系カードローンは、その名のとおり銀行が運営しているカードローンです。

銀行カードローンのメリットは金利が低めに設定されていることです。銀行によっては、そこの銀行口座を給与振込や公共料金の引き落としなどに使用していると、通常の金利よりも優遇された金利が適応される場合もあります。

また、銀行カードローンは、総量規制の対象外のため、「年収の1/3以内」しか借りられないという上限もありません。一般的に他のカードローンに比べて、融資限度額が高く、最大で1000万円まで借入れできる銀行もあります。その分、カードローンの審査が遅く、厳しいと言われています。低金利で高額な融資が可能になる分、返済能力があるかどうか、厳しい基準で審査されます。

総量規制とは? 平成22年に完全施行された貸金業法により過剰貸付規制の強化のために行われた規制であり、借入は年収の1/3までと制限するものです。

審査の遅さに関しては、最近はスピード審査や自動契約機を導入している銀行も増え、消費者金融会社並みの早い手続きや、その銀行の口座さえあれば、即日融資も可能になっています。

主な金融機関:三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、オリックス銀行、楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行(レイク)、静岡銀行、じぶん銀行など

1-2-2 流通・信販系カードローン

流通・信販系カードローンは、クレジットカードを発行する信販会社などが提供しているカードローンで、オリックスクレジットやオリコ、クレディセゾンなどが有名です。銀行系カードローンに比べると、比較的審査はゆるいと言われていますが、審査が通りやすい反面、金利は高い傾向にあります。消費者金融系カードローンに比べて利用者が少なくはありますが、限度額が高い信販系カードローンもあり、銀行系よりも審査が通りやすいため、根強い人気があります。

主な金融機関:オリックスクレジット、オリコ、三菱UFJニコス、クレディセゾンなど

1-2-3 消費者金融系カードローン

TVのCMでも最も多く見かける、消費者金融会社が取り扱うカードローンです。消費者金融というと怖いイメージがありましたが、アイドルやお笑い芸人などが出演するCMが増えたことで、イメージがだいぶ変わってきましたね。きちんと理解した上で借りて、返済すれば、問題なく利用することができます。

最大のメリットは、審査基準が比較的低いことで、アルバイトやフリーター、場合によってはパートの主婦も借ることができます。審査もスピーディーで、ネットでの申込みや自動契約機を使えば、即日融資も可能です。

デメリットは金利が高いこと。金利が高いと、毎月利息分の支払いが大半で、なかなか返済が終わらない場合もあります。長期的な利用、高めの借入れに向かないかもしれません。

主な金融機関:プロミス、アコム、アイフル、モビット、ノーローンなど

1-3 カードローンの申込み方法

カードローンの申込み方法には、窓口、自動契約機、WEBの3種類があります。各金融会社によって、取り扱っている方法が違い、WEBで申込みしてから窓口や自動契約機でカードを受け取る方法や、WEB完結で申込み一切が済ませられるものなど様々です。

窓口であれば、わからないことなどをその場で質問することができますが、人と顔を合わせたくない場合には向きません。自動契約機も家や職場の近くになければ、利用することができませんね。一番利用しやすいく、便利な方法はやはりWEBでの申込みではないでしょうか。ここでは、WEBを使った申込みの一例をご紹介します。

カードローンの申込みの流れ(例)

  • (1)WEBサイトにて事前(仮)審査
  • (2)電話やメールにて結果連絡
  • (3)本審査(スピード審査を取り入れている場合30分程度)
  • (4)在籍確認(電話にて)
  • (5)審査完了・融資可能

審査に必要な書類は、本人確認書類と収入を証明する公的書類ですが、収入証明は不要な場合もあります。本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票などで、WEB申し込みの場合はいずれかを画像で送ります。

1-4 カードローンの利用方法

申込み手続き、審査が完了すると、以下のような方法でお金を借りることができます。

  • 金融会社の自社ATMからの借り入れ
  • 提携しているコンビニ・銀行ATMからの借り入れ
  • 指定口座への振込による借り入れ
  • 金融機関窓口での融資

コンビニや銀行ATMなら、普通に預金口座から引出している感じで借入れできるので、周りの目を気にせずにすみますね。最近では、ネットから入金依頼するだけで、即座に口座へ振り込まれるサービスも多くなっ ています。

携帯・スマホやパソコンから入金依頼ができるので、いつでもどこでも借入れすることができますし、それこそ、借入しているなんて誰にもわかりません。例えば楽天銀行は24時間365日いつでも受付、即時振込が可能です。しかも振込手数料が無料。土日祝日、急にお金が入り用になっても安心ですね。

1-5 カードローンの返済方法

返済には以下のような方法があります。

  • 指定口座からの自動引き落とし
  • 金融機関の自社ATMにて返済
  • 提携しているコンビニ・銀行ATMにて返済
  • 返済専用口座へ振り込む
  • 窓口にて返済する

決まった方法でしか返済できないカードローンもありますが、たいていの場合、返済方法を選択することができます。

返済方法が何種類も設定されているカードローンであれば、「毎月同じ額を指定口座から自動引き落としで返済しながら、余裕がある時やボーナス月には、ATMで追加返済」すれば、早く返すことができ、その分、余計に払う利息を少しでも減らすことができますね。状況に合わせて、賢く借りてしっかり返しましょう。

2 専業主婦とカードローン

カードローンって、せめてパートやアルバイトでも働いていないと利用できないよね・・・と思っていませんか?はたして、本当にそうなのでしょうか?

2-1 専業主婦がカードローンを利用したい時

旦那さんが仕事を頑張ったことによりお給料をもらう。節約を心がけてそのお給料を残し、貯金をする。このサイクルがきっちりとできれば、貯金もみるみるうちに貯まりますよね。

しかし、給料が安くて生活をするのがいっぱいいっぱいであったり、子どものことでどんどん出費が増えていく場合、なかなかお金が手元に全く残りません。

私も結婚する前は、つい欲しいものを買ってしまい、、給料日前に財布の中身が心もとなくなって、一週間、ランチをおにぎり1個で乗り切るなんてこともよくありました。独身の間はそれでもよかったのですが、結婚して子どもも産まれ、家族がいる状況ではそういうわけにはいきません。

子どもを産んでからしばらくの間は、専業主婦として家にいたのですが、旦那さんの給料だけでは、どうしても生活するだけでギリギリ。欲しいものもガマンガマン。子どものためにもしっかりと計画を立てて貯金したり、節約をしてできるだけお金を貯めておきたい。

そうやってギリギリのところを頑張っている、そんな時に冠婚葬祭で臨時の出費。ボーナスは目前。ボーナスが入れば返せる・・・、そんな時に一時的にでもお金が借りられたら助かると思いませんか?

このような状況は、今の世の中、珍しいことではないと思います。私は心から「ヘルプ!」と思い、本当に借りられないか調べたのでした。

2-2 専業主婦でも借りられるカードローンとは

結果から言うと、専業主婦でもお金を「借りられます」。個々の事情もあるでしょうから、ゼッタイ100%誰でも大丈夫とは言えませんが、過去に大きな借金を抱えたことがあって、返済でトラブルがあったなどのことがなければ、一般的には借りられるでしょう。

専業主婦が借りられるカードローンはズバリ、「銀行カードローン」です。なぜ、銀行カードローンであれば、専業主婦でもお金が借りられるのか?普通に考えたら、銀行の方が敷居が高く、難しそうで、TVでCMが流れているような消費者金融会社の方が可能性がありそうに思いますよね。

じつは、銀行カードローンは、総量規制の対象外なので、無収入の専業主婦であっても、配偶者の同意書が必要なく、夫に内緒で申し込むことができるのです。

総量規制とは、平成22年に完全施行された貸金業法により過剰貸付規制の強化のために行われた規制であり、借入は年収の1/3までと制限するものです。

当時、借入限度額に制限がないため、どのような人でも好きなだけお金を借りることができたことから、借金を抱えて返済できなくなる人が社会問題になっていました。借入前の審査で、収入がどれくらいあるのかを確認しますが、総量規制により、収入のない専業主婦はお金を借りられなくなったのです。

総量規制の例外として「配偶者貸付け」が定められていますが、専業主婦がお金を借りるには夫の同意書などが必要になるため、夫に内緒で専業主婦が個人で家族にバレずにお金を借りることができなくなったわけです。

ところが、実はこの総量規制は、流通・信販系や消費者金融系の会社を対象にする法律で、銀行は対象になっていません。したがって、銀行カードローンの場合は、収入がゼロの専業主婦でも夫の同意書や収入証明書がなくてもお金を借りられるのです。

また、銀行カードローンには、収入がない専業主婦のために借入枠が少額に設定された商品があり、そのような商品(銀行カードローン)であれば、収入証明の必要がなく、収入ゼロの専業主婦であっても身分証明書だけで借入することができるわけです。

2-3 限度額はいくら?専業主婦が借りられる金額

専業主婦は収入がないので、流通・信販系や消費者金融系の会社の場合は、総量規制において夫の同意がなければ、お金を借りることができないことになっていますが、銀行カードローンは総量規制の対象外であるとお話ししました。また、銀行カードローンは、借入枠が少額に設定された専業主婦向けの商品もあります。

そのようなことから、専業主婦が借りられる限度額はあまり高くはなさそうですよね。しかし、意外にも専業主婦でも結構な金額を借りられるのです。いったい、いくらぐらいだと思いますか?低い限度額のカードローンで、三菱東京UFJ銀行カードローンの30万円。それでも結構高額だと思いませんか?静岡銀行カードローン「セレナ」では、専業主婦が利用できるカードローンで限度額が50万円。審査によって限度額が決まるので、必ず限度額いっぱいに借りられるわけではありませんが。

しかし、逆にやりくりしながら返済することを考えたら、そんなにたくさんのお金を借りることは難しいでしょう。借りられる限度額が高いとしても、その後に返済することを念頭に置いて、本当に借りる金額を決めなくてはいけませんね。

2-4 専業主婦が返せる金額

審査があるので実際に借りれるかは別として、50万円の融資が受けられるのはすごいと思いませんか?ちょっと夫に内緒で借りる金額にしては大金だなあと思うのは、私だけでしょうか?

もし、専業主婦ではなく、ご自身でも仕事をして収入があるのであれば、返済する方法があるのですから、構わないかと思います。しかし、収入は夫のみである専業主婦の場合、家計をやりくりするしか方法はありませんよね。元々、お金が必要であったから一時的に借りたわけで、返す余裕がたくさんあるわけではないことがほとんどではないでしょうか。

例えば、金利14.5%の銀行カードローンで10万円を借りたとします。毎月5000円なら返済できるとして、返していった場合どれくらいかかるでしょうか?返済完了は24か月、ちょうど2年です。そして、その間に払う利息の合計は15145円。10万円を借りて全部で11万5145円支払うわけです。もし月1万円返済していったとしたら、11か月で返済が完了し、支払う利息も7227円ですみます。月5000円で返済した時の半分以下の金額ですね。

こう見ると、利息分って大きいですね。そうであれば、毎月利息に少しでもプラスして返済し、減らしていくことが重要です。ボーナスがもらえるご家庭であれば、ボーナスで多く返すようにすれば、早めに返済することができます。

返せる金額を考えれば、自ずと借りられる金額もわかりますよね。専業主婦がカードローンを上手に利用する方法は、給与やボーナスが入る前に一時的に借りるといった利用がおすすめです。

カードローンによっては、30日以内に返済すれば無利息などのサービスもあります。上手に利用すれば、無駄に利息を払わずにすみます。カードローンは何度でも利用できますので、「必要な時に必要な分だけ、お金が入ったらすぐ返す」のが賢いやりくりではないでしょうか。

2-5 専業主婦でも通る審査方法

カードローンでお金を借りるには、審査を受けなければいけません。審査では、二つの確認があります。一つは個人情報の確認です。氏名や生年月日から個人情報を確認し、過去にお金を借りたことがあるかどうかなどを調べるものです。申込みした人が信用できる人とか、いくら貸せるかなどを判断するのです。

  • すでに他の会社で多くの借入れをしていないか
  • 過去の借入れで何度も延滞していないか
  • 破産など事故歴がないか
  • 申告にウソはないか

これらについて、申込者から申告があった確認事項を見ながら、信用情報機関に個人の信用情報を問い合わせて確認し、判断します。

信用情報機関には、借入があれば、「どこから」「いつから」「どのくらい借りているのか」「現在借入残高(残っている借金)はいくらか」など、詳細な情報が管理されています。つまり、銀行や消費者金融会社などでお金を借りると、その情報がすべて信用情報機関と呼ばれるところへ報告されており、わかっているということなんですね。

審査で行われるもう一つの確認は、属性の確認と言って、申込んだ人が社会的に信用があるのかを見るものです。年齢や職業、電話番号や家族構成などから、スコアをつけてランク付けしていきます。借りたお金をきちんと返せるかどうかを見ているわけですから、当然、専業主婦の属性は高くはありません。

しかし、専業主婦でも借りられるカードローンは、専業主婦の申込みを前提としているので、専業主婦だというだけで審査が通らないことはありません。審査のポイントは以下のとおりです。

  1. 確認事項の入力ミス
  2. 虚偽の申告
  3. すでに多額の借入れ
  4. 過去の借入れで返済の遅延や滞納
  5. 社会的信用度

初めてお金を借りるのであれば、ほぼ問題ないと言われています。<2>~<5>は申込み時点でどうこうできることではありません。確認事項で入力ミスがあると、きちんと判断できないということで、審査が通らないこともあると言われています。また、希望金額は高額ではない方が、通りやすいとも言われているので、必要最小限の金額にする、この2点を申込みの際に気をつけましょう。

3 家族に内緒でカードローン

やりくりがうまくいかなくて「今月ちょっと厳しいなあ」という時や、「ちょっと欲しいものある」なんて時に、家族、特に夫に内緒でお金を借りたいですよね。家族に知られずにカードローンを利用する、そんなことできるのでしょうか?

3-1 家族にバレずにカードローンを利用するには

誰にも知られず、もちろん家族にもわからないようにカードローンを利用したい。でもどうすればいいの?

まずは、配偶者の同意書や収入証明書がいらない、銀行カードローンを選ぶことです。消費者金融や信販会社のカードローンは総量規制のため、配偶者の同意が必要ですが、銀行は総量規制の対象外のため、専業主婦でもカードローンが作れます。

昔は窓口に行って手続きしたり、電話で連絡があったりと、バレてしまう要素が多々ありました。携帯電話がここまで普及していなかった時代は、家の電話が連絡先のため、秘密にしておくことは容易ではありませんでした。

しかし、今は一人一台は携帯・スマホを持っていますし、様々な手続きをWEB上ですますことができます。利用する側もポイントを押さえれば大丈夫。

内緒で借りるために注意するポイント

  1. 申込みは自分のスマホを使ってWEB完結
  2. 在籍確認は携帯電話・スマホにかけてもらう
  3. 融資依頼も自分のスマホから
  4. 返済日は必ず守る
  5. 利用明細の郵送NG、WEB明細に切り替える
  6. 通帳管理はしっかりと

このポイントをどのように注意すればよいか、見ていきましょう。

3-2 申込みはスマホを使ってWEB完結

どの銀行カードローンにするか考えた時に、内緒で借りることを考えた場合、手続きがすべてWEBで行えるカードローンを選びましょう。

ほとんどの銀行カードローンは、WEBでの申込みに対応しており、24時間365日スマホで手続きすることができます。しかし、その銀行に口座がなかった場合は、WEBで申込んだ後に、口座開設のための契約書類へ記入し返送したり、カードの発行が必要である場合があります。

カードローンを郵便物のやりとりなどがあると、家族に知られる可能性がありますよね。元々、口座を持っている銀行のカードローンや、ネット銀行のカードローンを申込むとスムーズです。申込む前に銀行口座を持っておくことをおすすめします。また、本人確認書類を郵送ではなく、FAXやメール送信で対応している銀行の方が、手間がなくよりスピーディーに手続きができます。

審査に進むと、必ず電話での在籍確認があります。在籍確認の電話連絡に本人ではなく家族が出た場合に、カードローンの件であることがわからないように対応してくれますが、自分が確実に出れる方が気持ち的にラクですよね。在籍確認の電話は、自分の携帯電話にかけてもらうようにしましょう。申込みの時点で、連絡先を家の固定電話でなく携帯電話にしておけば安心ですね。

3-3 借りる時もネットで依頼

カードローンと言うくらいですから、キャッシュカードを持ってATMでお金を引き出すイメージがありますよね。銀行カードローンの場合は、引き出すのも銀行であれば、預金を引き出しているように思われますし、問題はありませんよね。

それ以外に、ネットで融資依頼を行えば、即座に自分の口座に振り込んでもらうこともできます。ネット銀行であれば、24時間365日即時振込が可能なので、「明日、クレジットカードの引き落とし日なのに、口座にお金が入ってない!」という時でも、

即座に対応することができます。クレジットカードや公共料金引き落とし口座と連動してたら、かなり安心ですね。ネットを使っての融資依頼であれば、スマホでネット検索してるくらいにしか、まわりの人も思わないでしょうし、借入れしていることに気づかれません。

3-4 返済する時に気をつけること

気をつけなくてはいけないのは、返済日を忘れないこと。毎月決まった日までにATMで入金する方法が一般的ですが、ついつい忘れてしまいがちです。

通常、何の問題もなく取引できていれば、銀行から連絡はありませんが、返済が遅れたり、滞納した場合には、電話連絡や督促状が届いてしまうことも。何度も電話がかかってきて、そのたびコソコソと対応していたら、家族怪しまれてしまいます。そのようなトラブルを回避するためにも口座からの自動引き落としや、メールで返済日を知らせてくれるサービスなどを活用しましょう。

郵便物という観点から、利用明細は郵送ではなく、WEB明細にしましょう。明細書を処分し忘れたり、知らずに先に開けて見られてしまう心配もありませんし、見たい時にスマホで確認できた方が便利です。

そして、もう一つ気をつけてほしいこと、それは通帳の管理です。借入れを口座で入金してもらっていたり、返済を口座引き落としにしている場合、名義人が通帳に記載されます。記載は銀行ごとに様々で、すぐにローン返済だとわかる記載もありますので、通帳を見られないように気をつける必要があります。通帳の管理が面倒くさい人には、通帳が発行されないので、ネット銀行のカードローンを選ぶといいですね。

4 急な出費に大ピンチ!すぐに借りられる銀行カードローン

「夏休みで出費が重なった」
「毎月やりくりして頑張っているのに、子どもの部活でお金が必要になっっちゃった・・・、どうしよう!」
「思ったよりもクレジットカードの支払いが多かった!」

なんて、急にお金が必要になることってありますよね。

急いでお金を借りたい時にも銀行カードローンは対応してくれる主婦の味方なのです。

4-1 主婦の味方、即日融資

よく、かわいいアイドルが「すぐ借りれる!即日!」などと、消費者金融のTVCMで言っていますが、銀行カードローンでも即日融資が可能なところはあります。

通常、契約後にローン用のカードが自宅に郵送されてきますが、到着までには1週間から10日ほどかかります。しかし、申込み銀行の口座を持っていると、その口座に即日振り込んでもらうことができます。

また、その銀行口座がなくても、即日融資が可能な銀行もあります。ローン契約機が設置されている銀行であれば、その場でローン用のカードが発行されます。

例えば、新生銀行カードローンレイクは、口座不要で即日融資が可能で、平日14時までにWEBで契約し、必要書類の確認が完了すれば、口座に振り込んでもらえます。

新生銀行カードローンレイクの場合は、どこの銀行口座でも対応してもらえるのがすごいところ。わざわざ、その銀行の口座を作らなくてもいいし、カード発行を待たなくてもいいのです。

4-2 WEB完結で家にいながらキャッシング

申込みから借入、返済まで、すべてネットで済ませられる「WEB完結」。WEBで申込み手続きをしたら、審査結果が出るまで、電話もしくはメールでやりとりが行なわれます。

専業主婦の場合は、在籍確認も家の電話でなく携帯電話にしてもらえるので、家族にバレずに、手続きを進めることができるので安心です。

必要書類もスマホや携帯電話のカメラで写真を撮り、その画像を送ればいいので、コピーを取って郵送するなどの面倒な手間がいりません。

審査が通って、契約手続きも済ませたら、指定口座に振り込んでもらえば即日キャッシング完了!この場合、銀行ごとに24時間365日即入金できる口座があるので、必ず確認しておきましょう。

返済もネット上で手続きすれば、指定口座から振替できるので、家にいたままスマホで全部取引できます。但し、WEB完結の即日キャッシングは、平日14時までに申込完了しなくてはいけないので、時間に気をつけて手続きする必要がありますね。  

4-3 夕方からでも即日キャッシング!

「午後になってから、急にお金が入り用になっちゃった!でも、もう14時は過ぎてる~。」

そんな時にでも大丈夫。WEB手続き+自動契約機で即日キャッシングが可能です。

事前にWEBで申込み手続きを行い、審査が通ったら、自動契約機でカードの発行手続きをする方法で、安心かつ時間も有効に使えます。

最近は、銀行のATMがある場所に自動契約機を設置している銀行も増えたので、時間外でも大丈夫。カード発行だけなら、短い時間で済みます。

カードを発行してもらったら、その場でキャッシングすればOK。銀行の指定口座があれば、改めてネットから口座に入金してもらうこともできます。

4-4 自動契約機で休日でも借りられる!

「明日、部活費が必要になったなんて言われても、お金がない!」

休日に言われて困っちゃうこと、ありますよね。休日はWEBでの申込みでは審査が翌日になる場合が多い銀行カードローン。でも大丈夫!

WEB申し込みがダメでも、自動契約機なら手続きできます。土日でも自動契約機が使える銀行カードローンが増えており、お休みの日でも即日キャッシング可能です。

この場合、手続き中に見られてしまうんじゃない?と心配かもしれませんが、普通のATMと違って個室型になっているから安心して利用できます。

また、銀行によってはその銀行の口座をもっていれば、インターネットバンキングから申し込みができる場合もあります。手続きが完了すれば、すぐに口座へ入金されるので、急ぎでお金が必要な人には便利ですね。

4-5 無利息期間を活用してやりくり上手

消費者金融のカードローンではよく目にする「無利息期間」。初めて利用する人を対象に、30日間無利息や180日間無利息、条件を満たせば、繰り返し無利息で借入れできるなど、上手に活用できれば、とてもお得なサービスです。

例えば、銀行カードローンでも新生銀行カードローンレイクは、2種類の無利息期間が設けられています。利用が初めてであれば、「30日間、借入れ金額の全額が¥0」というものと、「借入金額の5万円分だけ180日間¥0」というものです。30日以内で返すことができるのであれば、借りた金額だけ返せばいいなんて、主婦にとってうれしいサービスですよね。一時的にお金が必要になったけど、じきに入るお給料やボーナスで返せるなんて時に活用すれば、余計な利息分を払わずにすみます。

4-6 専業主婦でも以外に限度額が高い銀行カードローン

総量規制の対象外のため、主婦でも利用できる銀行カードローンは、専業主婦向けに借入枠が少額に設定されています。とはいえ、専業主婦への融資限度額はそこまで低くありません。だいたいの銀行カードローンは、専業主婦の限度額が30万円、静岡銀行カードローン「セレナ」は、50万円まで借入れすることができます。これって、結構高いと思いませんか?30万や50万円って、かなりまとまった大金ですよね。

銀行は1.9%~17.5%と消費者金融に比べて、金利も低めですので、利息も抑えることができます。しかし、限度額が高いからと言って、高い金額で融資を希望しても審査に通るかは別です。また、借りたけれど、返済できず、ほかでも借りることになっては意味がありません。借りれるからと言って、必要以上に借入せず、不足分だけを借りて、しっかり返すことが大切です。

5 専業主婦オススメのカードローン

収入のない専業主婦が夫や家族に内緒で借りることができるのは、銀行カードローンだけ。どんな銀行カードローンを選べば、家族にバレず、すぐに借りられるのでしょうか?  

5-1 専業主婦にオススメなカードローンの条件

専業主婦でも借りられる銀行カードローンの中で、どれを選べばいいのでしょう。家族に内緒で、かつその日のうちに借りたい場合の条件をまとめてみました。

  1. WEB完結で申込みから返済までネットで取引できる
  2. 即日融資が可能と明記されている
  3. 審査最短30分など時間が明確になっている
  4. 自動契約機が設置されている
  5. 指定の銀行口座を持っている

先程からあるように、WEB完結で取引できるのは必須ポイント。家に居ながらにして、申込や借入れができるのは、主婦にとって便利ですし、家族もわかりません。

サイトに「即日融資」や「即日キャッシング」ときちんと明記され、即日融資についての説明がされている銀行カードローンを選ぶのが重要です。

また、審査時間の目安が明確に書かれているのも大切。「審査状況によっては数日かかる」などの但し書きがされている場合は、即日キャッシングできる可能性が低いと考えた方がいいでしょう。

自動契約機が設置されている銀行カードローンであれば、万が一手続きに時間がかかってしまい、WEB完結での振込による借入れが間に合わなくても、カードを発行して借りることができます。

最後のカードローン指定の銀行口座は、持っている所を選べば、手続きが早かったり、口座振込でいつでも借入れできます。もし、持っていいなければ、指定の銀行口座を作ってから、カードローンを申込むのいい方法です。

5-2 専業主婦にオススメな銀行カードローンはこれ!

専業主婦が借りられる銀行カードローン。ネットでの申込みから借入が可能であったり、最短即日融資OK、無利息期間ありなど、専業主婦にオススメの銀行カードローンをご紹介します。

静岡銀行カードローン「セレカ」

静岡銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資してできたインターネット専用銀行。申込みから借入まですべてWEB完結!大手銀行のネットバンクだからこその低金利で借り換えやおまとめにも最適です。

金利

専業主婦の限度額

審査スピード

WEBでの申込

特記事項

4.0~14.5%

50万円

最短30分

45日間分の利息キャッシュバック

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資してできたインターネット専用銀行。申込みから借入まですべてWEB完結!大手銀行のネットバンクだからこその低金利で借り換えやおまとめにも最適です。

金利

専業主婦の限度額

審査スピード

WEBでの申込

特記事項

2.4~12.5%

30万円

最短即日

auユーザーは金利が優遇

新生銀行カードローンレイク

申込みから借入までスピーディーな対応で、最短即日融資が可能(※平日14時までに申込と必要書類の確認が完了した場合)。WEB完結で、ネットで申し込みかた融資依頼までOK。新生銀行カードローンレイクの人気のひとつは、30日間と180日間の無利息期間が選べるサービス!

金利

専業主婦の限度額

審査スピード

WEBでの申込

特記事項

4.5~18%

30万円

申込完了画面に表示

選べる2つの無利息期間

みずほ銀行カードローン

大手銀行の安心感抜群!みずほ銀行カードローンは主婦向けで、女性に安心なカードローンです。融資限度額は30万円で、3.0~7.0%※の低金利。みずほ銀行のキャッシュカードと変わらぬデザインのカードでまわりの目も気になりません。申込みもWEBから簡単手続きで、最短即日融資も可能。

金利

専業主婦の限度額

審査スピード

WEBでの申込

特記事項

3.0~7.0%

30万円

最短即日

みずほ銀行の口座を持っていれば即日借入も可能

※エグゼクティブプランの場合の金利。みずほ銀行の住宅ローンに加入していない場合は、3.5~7.0%。

三菱東京UFJ銀行カードローン

知名度の高い大手銀行のカードローンならではの低金利で、専業主婦も安心して借りられるカードローン。WEBから24時間いつでも申込み可能で、来店せずに最短即日融資OK。WEBで申込んだ後に、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口でカードを取りに行くことができ、最短40分でカードが発行され受け取れる。

金利

専業主婦の限度額

審査スピード

WEBでの申込

特記事項

4.6~14.6%

30万円

最短30分

申込~借入まで最短スピード45分

6 専業主婦にオススメなクレジットカードのキャッシングは?

カードローン以外でお金を借りる方法は、クレジットカードでのキャッシング機能の利用です。クレジットカードのキャッシングはカードローンに比べて限度額や金利はどのくらいでしょうか?クレジットカードのキャッシングを利用するメリットはあるのか、まとめました。

6-1 クレジットカードでのキャッシングの金利と限度額

クレジットカードでのキャッシングは、カードローンに比べて金利は高めに設定されています。金利の低いみずほ銀行カードローンは、3.0~7.0%※、ネットバンクのじぶん銀行では2.4~12.5%ですが、セゾンカードインターナショナルのキャッシング金利は12.0~18.0%と、あきらかにカードローンよりも高めです。

※エグゼクティブプランの場合の金利。みずほ銀行の住宅ローンに加入していない場合は、3.5~7.0%。

クレジットカードのキャッシングは、カード会社にとって利益を上げるポイントなので、金利が高めだと言われています。しかも、一括返済が基本のため、借りる側もついつい借入てしまうと、返せないと状況に陥ってしますので要注意ですね。

キャッシングの限度額は、300万円くらい意外に高く設定されていますが、実際専業主婦が申し込んだ場合は、もっと低い金額に設定されることが多いようです。収入がない専業主婦への、評価としては当然かもしれません。お金を借りることを目的とした場合は、クレジットカードでのキャッシングは、金利の高さや返済方法を考えた場合、なるべく利用しない方がよいかもしれません。

6-2 クレジットカードのメリット

クレジットカードは1回払いから分割払い、ボーナス一括払い、リボ払いなどで買い物ができ、必要な時には一時的に借入れできるキャシングできます。それ以外にもメリットはいろいろあります。それぞれのカードで様々な特典を設けており、買い物するたびにポイントが貯まったり、関連店舗で買い物すると割引きになったり。

例えば、セゾンカードインターナショナルのクレジットカードは、買い物するたびに有効期限なしの永久不滅ポイントが貯まります。イオンカードもときめきポイントが貯まったり、20日と30日にイオングループ店舗でお買い物すると買い物代金が5%OFFになります。

保険がついているものもあれば、様々な施設の優待特典があるカードもあります。電子マネー機能も併用できるカードもあるので、上手にクレジットカードを利用すれば、便利でお得に買い物ができますね。クレジットカードは、お金を借りるためというよりも、上手に活用してお得にお買いものするといった利用の仕方がよいようです。

6-3 クレジットカードの申込み方法

クレジットカードの申し込みは、よく店頭でキャンペーンの告知をしながら受付しているのを目にしますよね。店頭や店舗内の専用カウンターでの申込み、書類を送付して申込み、WEB申込みもあります。最近は楽天のように、ネットショッピングから生まれたカードなどもあり、WEB申込みも主流になってきています。

セゾンカードインターナショナルはネットで申込し、セゾンカウンターでカードを受け取れる即日発行も行っています。ショッピングモールなどは土日祝日も開いているので、買い物ですぐに使いたい時など、休みの日でもカードがすぐ作れるのは、便利ですよね。

申込みをして、即日審査を通れば、すぐにカードが発行されるので、買い物途中でも作れるのですね。クレジットカードの申し込みには、免許証や住民票、健康保険証などの本人確認証明書が必要になりますので、それさえあれば思い立ったら、すぐに作れます。

6-4 専業主婦でも作れるキャッシング可能なおすすめクレジットカード

専業主婦は、クレジットカードのキャッシング機能を利用してもお金を借りることができます。

専業主婦にオススメのクレジットカードをご紹介します。

セゾンカードインターナショナル

年会費無料の先駆けともいうべきクレジットカード。JCB、VIZA、MasterCardから選べ、国際的にも信用度、利便性の高いクレジットカードです。有効期限がない永久不滅ポイントはいつでもポイントが貯められ、使えます。最短即日発行もOK!

キャッシング金利

キャッシング限度額

入会費・年会費

WEBでの申込

特徴・特典

12.0~18.0%

300万円

無料

有効期限なしの永久不滅ポイント 毎月5日と20日、セゾン系ショッピングモールなどでの買い物が5%割引

イオンカード(WAON一体型)

クレジットでもWAONでもお支払いはこれ1枚でOKのイオンクレジットカード。年会費無料でイオングループ対象店舗なら、ときめきポイントが2倍、毎月2回のお客様感謝デーでお買い物が5%OFFなど、特典もいっぱい。

キャッシング金利

キャッシング限度額

入会費・年会費

WEBでの申込

特徴・特典

7.8~18.0%

300万円

無料

WAONでポイント クレジットカードで買い物すると200円1ポイントのときめきポイント 毎月20日と30日、イオン系ショッピングモールなどでの買い物が5%OFF

楽天ピンクカード

ピンクのカードがかわいい女性向けの楽天カードです。年会費&入会金無料、楽天市場における還元率などは楽天カードと同じですが、女性向けのカスタマイズサービスがあり、追加月額で女性のための保険や飲食や娯楽、習い事や育児サービスなどの割引・優待特典などが利用できます。

キャッシング金利

キャッシング限度額

入会費・年会費

WEBでの申込

特徴・特典

18.0%

90万円

無料

楽天ポイントをネットショッピングや実店舗で溜めて使える ATMだけでなく、ネットキャッシングも可能

7 専業主婦でも借りられるカードローンのまとめ

総量規制の対象でない銀行カードローンなら、専業主婦でもお金を借りられます。

また、WEB完結で申し込めば、家族はもちろん、誰にもバレずにキャッシング可能です。

急な出費で困ったときに利用してみてはいかがでしょうか?

 

↑ PAGE TOP