自然派ワイン、ビオワインを楽しもう。プロのおすすめ!

暑い夏の夕暮れ、家族や友だちとおいしいワインのひとときはいかがですか。

ワインのなかでも、気軽に楽しむのにおすすめなのが
自然派ワイン<ヴァンナチュール>と呼ばれているビオワイン。

自然の恵みを生かし、生産者の手でていねいに作られるビオワインは、
ぶどう本来のピュアな旨みや深み、その土地ならではの味わいが
ダイレクトに楽しめます

その魅力と、夏にぴったりなおすすめのビオワインを、
専門店、wine shop vintageの市川さんにお聞きしました。

■お話をお聞きした方

市川 匡さん
wine shop vintage <ワインショップヴィンテージ> ソムリエ&オーナー

神戸・三宮にある、ワインと日本酒の専門店。

「ホテルオークラ」の元チーフソムリエ、
日本酒の名誉唎酒師でもある、お酒のスペシャリストの
市川さんのセレクトが評判の店。

店名のとおり、レアなヴィンテージワインとともに、
市川さんも魅了され、お店をオープンするきっかけのひとつにもなった
ヨーロッパの自然派ワインも種類が多く、めずらしいものが手に入るとファンが多い。

ワインは試飲ができ(有料)、落ち着いたカウンター席で
ゆっくりと好みのものをセレクトができるのも魅力。

気心の知れた仲間といっしょに楽しめるワイン会、ワインセミナーも開催中。
詳しくは公式ホームページを。

8月24日<2018年>には、自然派ワインのお話や、夏向けのテイスティングが
楽しめる自然派ワインセミナー(参加費1000円)を開催。

公式ホームページ
http://vintagekb.com

ビオワインの魅力とは? なぜおすすめ?

フランス語でヴァンナチュールと呼ばれている自然派ワイン、ビオワイン。

有機栽培でぶどうを育て、補強や補酸をせずに自然のままの味わいを
大切につくられているワイン。

単に健康志向というだけではなく、
そのワイン本来の味わいが楽しめるのが魅力です。

ビオワインは、オリ(旨み成分)がたまっていることからもわかるように
一般的なワインのように何度もろ過をして作るのではなく、
ほとんどのものが無ろ過で作られています。

自然のままの味わいが残り、ぶどう本来のフレッシュな味わいはもちろん、
その土地でなければ出せないテロワール <風土、土壌、気候>の香りや
味わいを楽しむことができるとても個性的なワイン。

酸化防腐剤が無添加だったり、ごく少量だったりするため、
二日酔いになりにくい、頭痛がしにくいと言われているのも人気の理由のひとつです。

豆知識 ビオワインの農法とは?

自然派ワインにはさまざまな農法があります。
それにともなって定められている規制や栽培法もさまざまです。
代表的な農法3種類をご紹介しておきましょう。

ビオロジック農法

殺虫剤や除草剤、化学肥料などを使わず、自然を尊重して農作業をおこなう
オーガニック<有機的>な農法です。

自然環境を配慮して作られている、人にもやさしいつくりです。

ビオディナミ農法

オーストラリアの哲学者、ルドルフ・シュタイナーの思想にもとずき、
生物の潜在力を引き出して、土壌に活力を与えて作物を育てる有名な農法。

例えば畑には、たんぽぽやカモミールなど、自然の物から作った調合材を
散いたり、ぶどうの樹の植え替えや剪定などの作業を天体の動きにそって
おこなう農法です。

リュットレゾネ

化学肥料や除草剤などは極力使わずにおこなう(ぶどうの病気などに必要な時のみ
規制に基づいて使用する)、減農薬農法と呼ばれる農法。

ぶどうに病気がつきやすい、天候に恵まれない環境下の地域で用いることが多く、
一見、緩い農法のように思いがちですが、ビオロジック農法など他の農法をしのぐ
厳しい作業に取り組んでいるワイナリーも多く見られます。

暑い夏にもぴったり! ヴァンナチュール、ビオワインのおすすめ!

ビオワインは、ヴィンテージワインのように、ねかせ、
熟成した味わいや香りを楽しむワインではなく、
買ってすぐに気軽に楽しみたいワインです。

飲む当日か、前日に買って味わうのがおすすめです。

熟成させるのではなく、気軽に楽しむとは言っても、
自然派ワイン、ビオワインは、ワイナリーそれぞれの土壌や気候、
風土などのテロワールの特徴やつくり方、
ぶどうの個性などによって複雑な味わいが醸し出されるワイン。

気軽に楽しみながら、まるで熟成したような個性的な味わいが楽しめるのも
ファンが増えている理由です。

市川さんに、夏におすすめの自然派ワイン、ビオワインを選んでいただきました。

さらにおいしく楽しめる、相性のいい料理のワンポイントアドバイスも!

夏はとくに、白や、スパークリングは冷たく冷やして、
スパークリング以外の赤は常温で楽しみましょう。

<※紹介をしているワインの年代は2018年7月現在のものです>

■マルケ オーガニック ロッソ 2016
■マルケ オーガニック ビアンコ 2016

ワイナリー モンカロ

ロッソ<赤>はベリーなどの果実、ビアンコ<白>は白い花を思わせるような香り。

軽やかでフルーティーな味わいで、ピッツアやパスタ、カルパッチョ、
オーソドックスなトマト料理など、カジュアルなイタリア料理にあわせると、
さらにおいしさが際立ちます。

赤は肉系に、白は魚料理にぴったり。

各1500円。

■ノール オ シュッド 2016

ワイナリー  ドメーヌ・ブスケット

パイナップルやアプリコットのようなフレッシュフルーティーな香りにとともに、
紅茶やハーブティーのような香りが楽しめる、フランス産の白ワイン。

サンドイッチやハンバーガーなどとも相性がよく、スイーツといっしょに楽しむにもおすすめの一本。

2500円。

■ レザミ 2013

ワイナリー  ドメーヌ・ド・スローズ

プロヴァンスの明るい、陽気な土地で生まれた、個性的なアロマが特徴の
ミディアムボディな赤ワイン。

赤ワイン用のコクのあるぶどう品種、シラーで、新酒のボジョレー・ヌーヴォーを
つくる製法、マセラシオン・カルボニック方式でつくられています。

暑い夏に食べたいカレーなどのスパイシー系や、濃い味つけの料理にもおすすめ。
3000円。

■ノファサ ブラン2016

ワイナリー  ドメーヌ・グラン・クレレ

自然派ワイン、ビオワインはエチケットなどのデザインも
楽しいものが多く、この、フランス、ロワール地方のワイン、
ノファサもイラストがかわいい。

白ぶどうを使って赤ワインの作り方でつくるオレンジワイン製法で
作られている白ワイン。

酸味が強いワインで、豆のような風味がします。

煮物などの和食料理や、ポテトサラダやマカロニグラタンなど、
ホワイトソース系の料理にあわせるととてもおいしい。

3500円。

■スーパー モデスト 2016

ワイナリー  ドメーヌ・デ・スローズ

市川さんが自然派ワインに強く惹かれるきっかけとなった、絶賛の1本。

水のようにさらさらの、白の微発泡酒、ナチュラルペティアン。

酸化防腐剤不使用で、ボトルを透かすとオリがたっぷり。

つまり、ぶどう本来の旨みがぎっしりなのです。

飲みはじめはレモンピールのような酸味のあるニュアンスで、
飲み進めるうちに完熟した柑橘系の甘みが楽しめる、
酸味と果実のバランスがベストマッチなワインです。

料理は和洋問いませんが、夏場に、肉料理などをポン酢やしょうゆなどで
さっぱり味わいたいときにもよくあう、おいしいワインです。
4000円。

自然派ワイン、ビオワイン、マークの豆知識。

ヨーロッパの自然派と呼ばれているワインには、
ワインの原料のぶどうに対して有機であることを証明する
公的な認証機関があります。

エチケットの裏などには各国で定められた検査に合格した、
認証団体のマークがつけられています。

各国でさまざまな認証団体がありますが、主なものは、ABマーク、
ユーロリーフ、エコセール<ECOCERT>、デメテール<demeter>など。

そのなかでもとくに、日本で手に入りやすいヨーロッパの自然派ワイン、
ビオワインにはABマークと、ユーロリーフマークが多いそうです。

ABマーク

フランス農水省が監修する有機農物認証マーク。

成分中95%以上を有機農産物由来の原料で作られている食品のみ認められているマーク。

フランスの消費者の間では信頼度が高いマークのひとつ。

ユーロリーフ

EU産有機農産物認証マーク。EUの厳しい検査規定に合格した生産方法、
製品にだけ用いることができるマーク。

食の安全を保証しています(2010年7月からロゴマーク刷新)

ただし、生産者によっては有機認証を得ていてもラベルに載せなかったり、
厳格な有機農法によるものでも認証を取らないこともあるそうです。

つまり生産者の考え方次第のようなところも。

ヴァンナチュール、ビオワインはできれば自然派ワインに詳しいワイン専門店や、
信頼のできるショップで購入をするようにするのがおすすめです。

いかがでしたか?自然派ワイン、ビオワイン。

ここ数年のうだるような暑さの夏にはとくにぴったりですね。
1日の終わりに、おいしい個性派の香りや味でのどを潤しましょう。
プロのおすすめ、まずは1本、ぜひお試しを!

芦屋在住マダムが本当に美味しいケーキ屋だけを10軒紹介します
高級住宅街の芦屋には人気のケーキ屋さんが集結! 関西きっての高級住宅地としても知られる兵庫県の芦屋市は、ケーキやスイーツの激戦区です。 実は、ライターの私も芦屋在住歴うん十年。 自他ともに認めるスイーツ好きで、これまで数えきれないほどのケーキや焼き菓子を食べてきましたが、芦屋のケーキ屋さんは味も見た目もかなりレベルが高いんです。 全国...
ふわふわ、おいしいかき氷を家庭で簡単に作るコツ~とびきりおいしいかき氷を楽しもう!
ほてった体をひんやり、クールダウンさせてくれる、かき氷。 かき氷専門店が増え、全国の有名店が集うかき氷イベントや 出張かき氷店など、昨年の夏からかき氷が人気。 今年も猛暑。やっぱりかき氷のブームは続行中です。 天然水で作るふわふわの老舗のかき氷、 台湾から上陸したマンゴーかき氷、 お店が作るようなふわふわの、おいしいかき氷が ...
京都人じゃない私が、所持金1000円でどれだけ錦市場を満喫できるのか?
先日久しぶりの京都へ。 京都は年に何回か遊びに行く程度ですが、そういえば錦市場って行ったことなかったな~っと。 思い立ったら即行動するフットワークの軽さが自慢の私です。 次の予定の時間まで1時間弱しかありませんでしたが、もう私の頭の中は、完全に「そうだ、錦市場へ行こう」状態。 しかも節約中なので、本日錦市場で使えるお金...
八十八夜の新茶で、おいしい緑茶をいれましょう。
5月2日は八十八夜。 ”夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る〜”で有名な茶摘みの歌。 八十八夜のころに摘んだ新茶は、みずみずしい若葉の香りと すがすがしい旨味にあふれた、この時期ならではのお楽しみです。 いれる温度にちょっと気をつけて、少しだけていねいにお茶をいれて、 おいしい新茶のひとときを楽しみませんか。 ...
40代「使って良かった!」「しっとり潤った!」100人のおすすめオールインワンゲルランキング
美容に関心の高い40代女性100人へ、アンケートを行いました。 今回は、みんなの口コミで決まったオールインワンゲルのおすすめランキングです。 乾燥や敏感肌に悩まされる人が一気に増える40代。 みんなが 使って良かった! しっとり潤った! と答えたオールインワンゲルをご紹介します。 40代に聞いた「オールインワンゲル口コミおすす...
小物やスカートを手づくりで。 初心者におすすめの楽しいお裁縫(ソーイング)。 初心者も楽しめる手芸アイデア
お気にいりのかわいい生地や糸で 針しごとを楽しみませんか? ちくちく針を刺して手を動かして仕上げる 手作りのものはあたたかみが感じられ、 作る時間はほっこりした気持ちをもたらしてくれます。 でもお裁縫は何年もしていない…。 うまく作る自信がないから…。 などと、あきらめないで。 初心者さんも楽しめる、おすす...
お花<切り花>のおしゃれな飾り方アイデア集
■この記事を書いた人 ricorico ライター・編集者。 暮らしまわりを中心に雑誌・カタログ・webなどで執筆中。 道ばたで摘んだ小さな草花。 花屋さんで見つけたかわいい実もの。 季節のうつろい教えてくれる花たちが、 毎日の暮らしのなかにあるだけで、心は、ほっこり。 一輪のヤグルマ草を花瓶にそっと挿してみる。 ...
大切な器を金継ぎで楽しく修理。
割れたり、かけたり、ひび割れた器を漆(うるし)で修復する、 金継ぎを楽しむ人が増えています。 海外では和名そのままに”KINTSUGI”と呼ばれ、 日本の伝統的技術として注目されています。 教室やワークショップがひらかれたり、金継ぎの書籍も増え、 自宅でできる金継ぎセットも販売されています。 金を蒔(ま)くこと...
漆のうつわを毎日<普段使い>の食卓に。
普段使いに漆器を楽しむ人が増えています。 使えば使うほど、その魅力の虜になる漆のうつわ。 毎日の食卓に漆の器がある暮らしを楽しんでみませんか? でも漆器は扱いや手入れが大変では? おすすめの漆器から、日々の扱い方、漆器の使い方ヒントまで、 うつわのプロにお話をお聞きしました。 今夜の夕げから、さっそ...
関西の神社の人気スポット! かわいいお守り&縁起もの
鳥居をくぐると、清々しい気持ちにつつまれる神社。 初詣に始まって、えびす祭りや梅花祭、節分など、 年が明けると神社を訪れる機会が増えますよね。 かわいいお守りや、神様のご神徳が宿る授与品に出会えることも、 神社をお詣りする楽しみのひとつです。 近頃とくに神社のお守りや縁起物は、オリジナリティーあふれる かわいいもの...
奈良のお土産の定番。かわいい鹿グッズ!
奈良を訪れたら気になるのがかわいい鹿モチーフのグッズ。 雑貨や、お菓子にお目見えしていて人気です。 奈良の鹿は、奈良時代に平安京を守るために御蓋山(みかさやま)に お迎えした武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が 白鹿に乗ってお越しになったという伝承から、 鹿は神様の使いである神鹿(しんろく)としてあがめられ、大切にされています。 ...
びわこふきんのある、暮らし。
日々の暮らしのなかでせっせ、せっせと働いてくれる道具たち。 スポンジひとつでも、ふきんいちまいでも、 毎日の暮らしのなかで繰り返して使う、 ほんのちょっとしたものの使い勝手がいいと、 家事がぐんとはかどって、テンションもあがります。 食器洗いに、テーブルふきんに、うつわ用ふきんにと、 さまざまなシーンで使える、びわこふきん! ...
ハトムギ、なつめ、クコの実……etc。       ゆるりとはじめよう。薬膳の効果できれいに。
約3千年前に中国で生まれ、今もなお続く長い歴史を持つ薬膳(やくぜん)。 からだのバランスを整えて、気・血・水の巡りをよくするとともに、 アンチエイジングや、ダイエットにもいいとクローズアップされています。 健やかで、きれいな40代、50代以降を過ごすために 薬膳料理を毎日の食卓に取り入れてみませんか。 そもそも薬膳<薬膳料理...
竹かごのあるおしゃれな暮らし
昔ながらの、日本の暮らしまわりの道具が見直されています。 そのなかのひとつが竹のかごや、ざるなど。 竹の道具の歴史は縄文時代にまでさかのぼると言われています。 籠(かご)、箆(へら)、箸(はし)など、 身近な暮らしの道具の漢字には、竹冠が多いことからも 竹製品は生活道具のルーツなのがよくわかりますよね。 竹かごは、キッチン...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする