神戸名物の豚まんを食べるなら、ここ!

ふっくらもちもちの皮をかじると、じわ〜っとあふれだすおいしい肉汁。

神戸っ子が子どもの頃から大好きな、おやつの定番、豚まん。

蒸したてのアツアツを頬ばる、しあわせのひととき。
とくに寒い冬に食べる豚まんは格別のおいしさ。

神戸を訪れる人も立ち寄って食べたり、お土産に買う、SNSでも人気の豚まん。

11月11日は豚まんの日でした。
毎年11月11日には神戸豚まんサミットが開催され、神戸は豚まん愛にあふれてます。

それぞれのお店が皮や餡にこだわって手作りする自慢の豚まん。

おいしいお店は数々あれど、三宮、元町を中心に、
選りすぐったおすすめの豚まんをご紹介します。

さあ、作りたて、蒸したてのホカホカを食べに出かけましょ。

豚まんの元祖、神戸、南京町の老祥記

View this post on Instagram

老祥記の豚まん🐷 平日だけどやはり人気で行列できてた💦 あつあついただきます✨ #神戸 #南京町食べ歩き #老祥記の豚まん

ASUKAさん(@asuka.u1029)がシェアした投稿 –

神戸の中華街、南京町の老祥記<ロウショウキ>は今や全国的に有名なお店。

1915年<大正4年>創業の、神戸の豚まんの老舗です。

豚まんは、中国の天津包子<テンチンパオツー>と呼ぶ饅頭を、
老祥記初代の店主、曹<ソウ>さんが、日本人が食べやすい、
親しみやすい味にと生み出しました。

豚饅頭という呼び名発祥のお店です。

作る数は1日になんと1万3000個。

それでも早くから行列ができ、早い時間に売り切れてしまうほどです。

四代目になった今も、創業当時の味を大切に、ひとつづつ手作りしています。

麹を使っているちょっと甘めでもちもちの皮、
中の餡はしっかりめの味つけでおいしい肉汁がたっぷり。

小ぶりサイズで食べやすく、神戸散歩のおやつにもぴったりです。

<画像老祥記ホームページより>

老祥記<ロウショウキ>

神戸市中央区元町通2−1−14
TEL 078−331−7714

午前10時〜午後6時半(売り切れ次第終了) 月曜休み

土日、祝日は1時間ほど並ぶことも。
平日の午前10時〜11時、平日の雨の日は狙い目。

1個90円。

イートインあり。一人前(3個)〜。

公式ホームページ

お店の向かいにある曹家包子館(ソウケパオーツーカン)は、
老祥記プロデュースの姉妹店です。

噛むとあふれだす肉汁と、旨味が凝縮した乾燥しいたけがたっぷりの
オリジナル豚まん、風味がいい椎茸豚肉包が楽しめます。

さらに、このお店でも老祥記の豚まんが食べれるのもうれしい。

ふたつの味わいをぜひ楽しんでくださいね。

曹家包子館(ソウケパオツーカン)

神戸市中央区元町通1−3−7
TEL 078−331−7726

午前10時〜午後6時半(売り切れ次第終了)

火曜(祝日の場合は翌日)休み

1個90円。  イートインあり。

公式ホームページ

神戸・新開地、春陽軒のピリ辛味噌味の豚まん

<画像 関西グルメガイドブックホームページよりhttps://nori-maga.com>

春陽軒<シュンヨウケン>は新開地がにぎやかだった時代、
1925年<大正14年>に中華料理店<支那料理>として開店したお店。

当時は中華のごちそうといえば、春陽軒へという家庭も多く、
ここの回鍋肉は絶品だったそうです。

当時の春陽軒

こちらが今のお店。

今は、初代からの味、製法を引きつぎ、豚まんひと筋の、豚まん専門店です。

毎日多いときは3000個を手間ひまかけて手作り。

ふかふかの皮に包んだジューシーな味噌味の餡はここならではの味わいで、
さらに、ちょっとピリ辛の特製味噌ダレで楽しむのがクセになります。

とくに12月は毎年、お正月用に食べたいと、地方からの取り寄せ注文が殺到します。

小さめサイズなので、2個、3個は余裕でお腹にすっとおさまりますよ。

ほかではなかなか食べられない味わいの豚まん。

かわいい豚のイラストの包装紙に包まれた豚まんは手みやげにも
よろこばれるおすすめです。

春陽軒<シュンヨウケン>

神戸市兵庫区新開地2−7−5
TEL 078−575−0078

午前10時半〜売り切れ次第終了。 日曜休み

1個100円。

テイクアウトは10個または、15個包み。

イートインあり。一皿300円。

地方発送可能。

公式ホームページ

神戸・元町の、四興楼の豚まん

<画像 四興楼ホームページより>

四興楼<シコウロウ>は広東料理を主とした1950年開店のお店。

大衆中華料理の老舗として愛されています。

なんと、中華ベースのカレーやオムライスまで楽しめ、
リーズナブルプライスなメニューも多彩。

こちらの豚まんは食べごたえたっぷりの、手のひらサイズの大きな豚まん。

ほんのり甘くてやわらかい厚めの皮に、
とろとろの玉ねぎと豚肉の餡がぎっしりです。

かじると肉汁があふれだし、うま味がほとばしります。

生地を一次発酵させ、具を包んでから二次発酵をさせているので
生地となかの餡が一体化しておいしい!と評判。

いったん冷めたものを、翌日蒸し直してもおいしく味わえることにも
こだわってつくる豚まん。

翌日蒸し直せば皮はふっくら、さらにうま味がぐっと増す豚まんです。

お土産にもぜひ!

四興楼<シコウロウ>

神戸市中央区元町通2−9−1元町プラザビル1F
TEL 078−331−0783

午前10時半〜午後8時半ラストオーダー

水曜休み <祝日の場合は営業>

豚まん1個 190円。

地方発送可能。

公式ホームページ

神戸・三宮一貫楼本店の豚まん

60年以上、神戸っ子に愛されている豚まん。

本店以外にも神戸市内に数店舗お店があります。

店は増えても、創業時からの昔ながらの味を守っている、ひとつひとつ手作りの豚まん。

View this post on Instagram

神戸へ出張した妻からおみやげでもらった、三宮一貫楼の豚まん。美味し!神戸の豚まんは、モチモチしていてフカフカの皮の中に、豚肉もさることながら小さくきざまれた玉ねぎがぎっしり詰まっています。この玉ねぎの甘さが豚肉の旨味とよくマッチしていて、とってもジューシー。また食べたくなりました #兵庫 #hyogo #神戸 #kobe #三宮一貫楼 #sannomiyaikkanrou #一貫楼 #ikkanrou #神戸の豚まん #豚まん #butaman #🐷 #肉まん #nikuman #中華まん #まんじゅう #饅頭 #mantou #おみやげ #お土産 #みやげ #土産 #souvenir

Tetsuro Kimuraさん(@tetsuro.kimura)がシェアした投稿 –

生地はふわふわもっちりで、ほんのり甘く、
なかは豚肉とたまねぎメインのシンプルな、いつ食べても安心の味の豚まん。

この店の豚まんの、いちばんの自慢はジューシーさ。

豚肉の旨味と、たまねぎの甘みとコクがたまりません。

ハーフサイズのちび豚まん、コチュジャンを混ぜた甘辛の豚まんも人気です。

三宮一貫楼本店は、1階がテイクアウトの点心や豚まん販売の売店。

2階が中華料理のお店です。

三宮一貫楼本店

神戸市中央区三宮町3−9−9
TEL 078−331−1974

■売店
午前10時半〜午後9時半ラストオーダー(売り切れの場合もあり)

■レストランの営業時間
午前10時半〜午後2時半ラストオーダー、午後5時〜午後9時半ラストオーダー

木曜休み

豚まん1個 190円。

地方発送可能。

ほかに、テイクアウト専門のJR三宮駅前店、新神戸アントレマルシェ店、
阪神三宮駅前店などもあります。(営業時間、定休日などは各店異なります)

公式ホームページ

神戸老舗の中華料理店 豚まん・焼売(しゅうまい)・餃子などお土産に最適

神戸・杏杏の、やき豚まん。

<画像 杏杏ホームページより>

中華粥が有名な県庁前の杏杏(シンシン)。

おいしいもの好きな神戸っ子にはおなじみのお店です。

杏杏は、広東料理店を営んでいた先代のご両親の味を受け継いだウーシンファンさんが、
家族で手づくりする、広東省の家庭的な料理が楽しめる人気店。

神戸観光で、中華が食べたいなら、ぜひ訪ねて欲しいおすすめ店。

テイクアウトもできるやき豚まんじゅうのチャーシュウパオは、この店の名物のひとつ。

具にミンチを使わない、ほかとは違う豚まんが味わえます。

ふっくらした生地のなかの餡は、豚の胸肉を、ねぎといっしょにスパイシーな
五香粉で炒めた香りのいい具がたっぷり。

しょうがの風味もアクセントになって
おいしい!

地鶏としいたけ餡の鶏まんや、卵とバター、カスタードを練ってつくる上品な甘さが評判の卵のあんまんも、ファンがいっぱいです。

カウンター8席と10名の部屋のみの、家庭的な雰囲気のお店。

お店で料理を楽しむなら、絶品のお粥もおすすめです。

杏杏<シンシン>

神戸市中央区下山手通4−13−14
TEL 078ー322−3339

午前11時半〜午後2時、午後5時〜午後9時ラストオーダー

日曜、第3月曜休み

やき豚まん 1個 200円

地方発送可

その他点心も地方発送可能。詳しくはホームページを。

諏訪山にもお店、杏杏諏訪山工房があります。

公式ホームページ

カウンター席8席と10名様のお部屋で店は小作りですが、味はてづくり。雰囲気とお値段は極くお手軽になっております。ぜひ一度お立ちより下さい。
芦屋マダムシリーズの記事はコチラ

芦屋在住マダムが本当に美味しいケーキ屋だけを10軒紹介します
高級住宅街の芦屋には人気のケーキ屋さんが集結! 関西きっての高級住宅地としても知られる兵庫県の芦屋市は、ケーキやスイーツの激戦区です。 実は、ライターの私も芦屋在住歴うん十年。 自他ともに認めるスイーツ好きで、これまで数えきれないほどのケーキや焼き菓子を食べてきましたが、芦屋のケーキ屋さんは味も見た目もかなりレベルが高いんです。 全国...
おいしいタマゴサンド<タマゴサンドイッチ>を神戸で。
パン屋さんや、喫茶店でおなじみのたまごサンド。 そんなタマゴサンドイッチの人気が急上昇です。 関西では昔から、喫茶店のタマゴサンドといえば、 ゆで卵ではなく、卵を焼いて、はさんだタマゴサンドイッチがポピュラー。 焼きたての厚焼き玉子をはさんだものや、 卵料理専門店がつくるだし巻きサンドイッチ、 プレーンオムレツ風に焼いてはさむ...
芦屋マダムおすすめ! 神戸の美味しいシュトーレン<シュトレン>
今年もおいしいシュトーレン<シュトレン>の季節がやってきました。 ここ数年、SNSなどにもアップされ、シュトーレン人気が高まっています。 神戸を中心にした兵庫県の人気ベーカリーによる、 「HYOGOシュトレンの会」も誕生し、楽しいイベントなどもありそうですね。 シュトーレンは早いお店ではすでに販売中です。 今年はどこ...
今日のおやつはコッペパンサンド。神戸のおいしいコッペパン!
あんことバターの、あんバターコッペ。 ボリュームたっぷりの焼きそばパンや、コロッケパン。 お砂糖をたっぷりまぶした揚げパンコッペなど、 昭和の学校給食の定番だった、なつかしいコッペパン。 昔から、地元のパン屋さんにもある、親しみのあるパンですよね。 そんなパン屋さんの脇役だったコッペパンが、 専門店も増えるなど、バリエ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする