ママも子どもも【運動会】が楽しみになる絵本8選+1

■この記事を書いた人
kope
専門雑誌編集者を経て、2人めの出産を機にフリーエディターに。フラと校正が趣味。字を書くこと、人と話すこと、コーヒーが好き。

暑い暑いと思っていましたが、気が付けば空も秋らしくなり、部屋に差し込む日差しも深くなってきました。

新学期が始まるとすぐ運動会の練習という学校も多いと思います。

運動会といえば大人も子どもも楽しみなものですが、

「子どもが毎年同じメンバーでのかけっこで最下位から脱出できない」
「秋の運動会は、練習期間の残暑が厳しくて心配」
「長雨や台風で開催日が順延し、お弁当を何度も作るのが面倒」
「早朝からの場所取りが憂鬱」
「延期になったら下の子の幼稚園と運動会日程が重なりそうで心配」

など、実際は気の重くなることもあります。

楽しいことばかりではない昨今の運動会事情ですが、それではもったいない!

親子で運動会が楽しみになる絵本を選びました。

初めて園や小学校で運動会を迎えるお子さんもワクワクする絵本もあります。

9~10月の読み聞かせにもピッタリです。ぜひ読んでみてください。

<運動会が楽しみになる絵本8選>

かこさとしさんの名作絵本シリーズ

『どろぼうがっこう だいうんどうかい』


(偕成社公式サイトより)
偕成社
作・絵 かこさとし

どろぼうがっこうは、その名の通り、生徒全員がどろぼう。

今年は全員刑務所から出所(!)したことでにぎやかに開催されます。

競技も独特で、「にせさつわたし」は速さだけでなく、本物のお札がまざっていないか確かめる緻密さも必要。見学の村人も大盛り上がりです。

運動会や一般のマラソン大会、スポーツ大会などでも競技中に気になるのが貴重品の管理。カバン持っては走れませんし、着替えや荷物を置いた控室は人がいません。

不用心ですよね。

どろぼうがっこうのセキュリティはどうなっているのでしょうか?

大団円のエンディングですが、どろぼうがっこうの校歌を聴くといいのか悪いのか。でもほっこりします。

運動会のさかさ言葉を集めた楽しい絵本

『さかさことばでうんどうかい』


(福音館書店公式サイトより)
福音館書店
作・西村敏雄

小学生はいつの時代もダジャレやなぞなぞ、逆さ言葉などが大好きです。

読むと言葉が変化していき、「あれ?」っとなるところが大人気の『へんしんトンネル』が読み聞かせで大ウケするのも、単純で分かりやすい点が子どもたちに受け入れられているのだと思います。

『さかさことばでうんどうかい』は、運動会がテーマの逆さ言葉ばかりで構成されています。

運動会だけでこんなに多くのさかさことばが思いつく西村さんはすごい!と感心します。

途中、お弁当タイムの昼休みがテーマ逆さ言葉もありますが、読んでいる大人は「これは強引だなぁ」と、クスっと笑ってしまいます。

作者の西村敏雄さんは『バルバルさん』『もりのおふろ』などでもおなじみで、油絵のような温かみのある色彩の絵が素敵です。

『うんこ』という絵本も手がけています。チェックしてみてください。

かけっこが苦手な子に読んでほしい、きむらゆういちさんの運動会絵本

『うんどうかいがなんだ!』


(新日本出版社公式サイトより)
新日本出版社
さく・きむらゆういち
え・大木あきこ

全員で踊るダンスが恥ずかしい子、足が遅くていつも徒競走が最下位の子など、運動会が楽しみではない子もいると思います。

『うんどうかいがなんだ』のブブタンも運動会が嫌いな子の一人です(ブタですが)。

運動会が雨ならいいのにと願います。

いっそ休もうかと思ったら、ビリを争うポンスケに休むなと言われ…。

運動にしてもテストにしても、ずるいとは思いつつ、子どもなりに「あの子がいれば自分はビリにはならない」と心のどこかで安心することがあります。

そう思って努力しないでやりすごすかどうか。

根性論というか精神論のような話ですが、ブブタンとポンスケの行動を通じてわかりやすく描かれています。

タリーズコーヒー絵本アワード特別賞受賞の一冊

『おもしろうんどうかい』

(登竜門より)
タリーズコーヒージャパン
作・おくやまゆか

タリーズコーヒーに行かれたことのある方はご存知だと思いますが、タリーズコーヒーにはカウンターに何冊か絵本が並んでいます。

ミスタードーナツやモスバーガーなど、ファストフード店などでも店舗によってはサービスで子ども向けに絵本やおもちゃを置いてあるところもあります。

しかし、タリーズコーヒーは独自の絵本が置かれているのです。

2003年から始まり、現在第16回めの作品を募集中なのが【タリーズピクチャーアワード】。絵本作家の発掘・支援を目的に始められたプロジェクトです。

その第7回で特別賞を受賞したのが『おもしろうんどうかい』です。

運動会といえば、色別にチームが分かれ競うもの。

この本でも4色のチームカラーに分かれてさまざまな競技が行われています。

どの子がどの競技に出ていたかを探す楽しい仕掛けも。

「ああ おもしろかった!」と思える運動会をどの子も体験できますように。

雨が降るとくやしくて泣いてしまいそうな子に読んでほしい絵本

『あめがふってよかったね』

佼成出版社
作・よしいたかこ
絵・石倉ヒロユキ

練習に練習を重ねてのぞむ運動会当日は晴れてほしいもの。

お弁当を作るお母さん方も「一発で晴れてほしい」と思いますよね。

けんちゃんも一生懸命かけっこの練習をしたので、明日の幼稚園の運動会は晴れてほしいと思っています。

雨に向かって「あめ、やめー!」と叫んでいると、「あめ、ふれ!」と叫ぶ声が聞こえます。

運動会なのに雨が降ってほしいと願っているのは誰でしょう?

雨だからこそ運動会ができる生き物もいます。

実際に雨が降っても、けんちゃんはふてくされたりしません。

雨が降って延期になり、がっかりしている子がいたら、ある生き物が「運動会しているかもね」と話してあげたらいいなと思いました。

難しく言えば他者理解となるのでしょうか。

いろんな立場、いろんな見方があることが、子どもながらに理解できそうです。

ぜひ読んでみてください。

とにかくおもしろい!かいけつゾロリの運動会

『かいけつゾロリのようかい大うんどうかい』


(ポプラ社公式サイトより)
ポプラ社
さく・え 原ゆたか

小学生に大人気の読みもの「かいけつゾロリ」シリーズにも運動会をテーマにした一冊があります。

ゾロリが出てくるのですから、普通の運動会のはずがありません。

ひょんなことから妖怪たちと運動会をすることになるのですが、玉入れの玉は火の玉だったり、綱引きの綱がヘビだったり、おもしろい競技が目白押しです。

単におもしろい競技の運動会の話、では終わらず、おとなしい子も運動会の主役になれるかどうかがカギとなります。

ゾロリシリーズのお約束、イシシとノシシのおならや、惚れっぽいゾロリがすぐ好きになってしまうきれいな女性も出てきます。

ありがたい仏さまの世界の運動会を垣間見られる絵本

『だいぶつさまのうんどうかい』


(アリス館公式サイトより)
アリス館
ぶん・苅田澄子
え・中川学

お母さん方世代がよく見ていた「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマ曲だと、妖怪たちが夜の墓場で運動会をしますが、この絵本では仏さまたちが運動会をしています。

阿弥陀如来さまに弥勒菩薩さまなど各地から雲に乗って集まった仏様たち。千手観音さまの玉入れは最強です。

タイトルの通り、主役の大仏さまですが、今回が初参加。1000年も座っていたのでまず足がしびれて立てません。

こんな大仏さまがどんな競技で活躍できるのか、想像しながら楽しめる一冊です。

ママが行きたい御朱印帳巡りなど、寺社仏閣へはつまらないと言ってついて来てくれない子も、これを読んだら仏さま見たさについて来てくれるようになるのでは?と期待できる、仏さまに親しみを持てる絵柄も素敵です。

半端ない運動神経のおばあさんが出てくる運動会の本

『やまんばあさんの大運動会』


(理論社公式サイトより)
理論社
作・富安陽子
絵・大島妙子

以前、主婦へえの【子どもと一緒に涼しくなれる おばけ本13選】のなかでも紹介した「妖怪一家九十九さん」シリーズの富安陽子さん。

「やまんばあさん」シリーズも読みごたえありです。

主人公はドングリ山のてっぺんに住む296歳(!)のやまんばあさん。

富安陽子さんの絵本に出てくる山姥というのは、「まゆとおに やまんばのむすめ まゆのおなはし」(富安陽子・作)もそうですが、今風に言えば、とにかく身体能力が半端ないんですね。

そんなやまんばあさんが運動会(この本では町内運動会です)に出るとなったら、大波乱になること間違いなしです。

当初、来賓として招待されたやまんばあさんですので、正装していますが、運動会の楽しさに我慢できなくなり大活躍します。

「運動会はやっぱり楽しいよなぁ」と、大人も次の運動会が楽しみになる、読後感がとてもさわやかな一冊です。

リレー出場を断れないお父さん・お母さんへ運動会前おススメの一冊

『お父さんはなぜ運動会で転ぶのか? いますぐできる運動不足解消メソッド』


(PHP研究所公式サイトより)
PHP新書
辻秀一 著

筆者が昨年度、自治会対抗の運動会に参加したとき、ボール送りくらいは参加するつもりでいたのですが、まさかのリレーに駆り出され、絵にかいたように派手に転びました。

日ごろの運動不足に加えてコンバースでの参加。そりゃあ転びますよね。

今回、運動会が楽しみになる絵本をセレクトしていたところ、この書籍を見つけました。

スポーツドクター・辻秀一氏の著書です。

どうして転ぶのかの理由や転ばないための普段のトレーニング方法ももちろん解説されているのですが、「自分はできないと思うことをやめる」など、ちょっと考えさせられる項も多く、興味深かったです。

走る競技に出て子どもにいいところを見せたいけど不安、嫌だけど毎年リレーに駆り出されるといったお母さん、お父さんにオススメです。

運動会が縮小化・時短化になる時代にこそ読んでほしい絵本

最近の小中学校では「組体操禁止」、高校などでも「練習中に熱中症で救急搬送」というニュースが聞かれます。

筆者の子どもが通う小学校は5月末開催の運動会でしたが、練習後に熱中症で搬送された子が数人いました。

曇っていた日だったことや、練習が終わった帰りの会で倒れたことなど、お詫びのお便りを読んで知り、驚きました。

学校は水筒を校庭に持ってこさせ、適度に休憩するなどの対策をしていても起こったようで、怖くもなりました。

組体操も2年前からなくなって旗体操になりました。

我が子が高学年になったときに組体操がなくなっているとは思わず、ちょっと残念なような、安心したような運動会当日。

メガネをかけたまま本気の棒倒しをして転んでいる男子を見たときは「危ない!」と思いました。実際に倒れた子にかぶさったり、転んだりして流血している子もいたようです。

子どもたちは必死にがんばります。

しかし、勝ち負けを意識してムキになることもあります。

運動会はケガと隣り合わせだということを、観戦する大人になってから気が付きました。

また、最近では共働き家庭などに配慮して『午前中のみの運動会』というところも。

先生の負担軽減にもなるようです。

賛否両論ありますが、町民や家族総出で運動会の一日を楽しんだ世代としてはちょっと寂しくもなります。

これから運動会が、学校全体や家庭内でも「暑いなか嫌々練習をするもの」「行事だし、やらなければならないもの」という感覚になっていきそうで残念な気もします。

せめてみんなで身体を動かし、友達を応援する運動会は楽しい、と感じてほしいと思い、今回数冊の本を選びました。図書館や書店で探してみてください。

新学期に読みたい[友だち]の子どもの本・絵本6選
大好評!?主婦へえ「絵本シリーズ」第4弾です。 「夏に涼しくなるコワい絵本」 「読み聞かせにおススメ・実証済みのウケる絵本」 「読んでよし、飾ってよしのクリスマス絵本」 に続くのは、新学期におススメの「友だち本」です。 新入園、新入学、進級など、新しい環境のなか、親子で緊張の日々を過ごしている方も多いので...
プレゼントにも最適! 読んでよし、飾ってよし「クリスマス」絵本7選
すっかり街中クリスマス。 お友達とのクリスマス会や、上司や親せきのクリスマスパーティにお邪魔するなんていう機会も増えますね。 筆者もそんなとき、プレゼント交換やご訪問先のお子さまへの手土産には毎回迷います。 食べ物はアレルギーがあったり、クリスマス雑貨はすでに飾ってあったり、好みが違ったり。 そこでおすすめなのが「...
低学年読み聞かせのテッパン 実証済み!「ウケる」絵本7選
■この記事を書いた人 kope 専門雑誌編集者を経て、2人めの出産を機にフリーエディターに。フラと校正が趣味。字を書くこと、人と話すこと、コーヒーが好き。 読書の秋ですね。 読書といえば小学校の「読み聞かせ」。 読者の方のなかでも、「やったことがある!」という方が多いのではないでしょうか。 ちなみに秋でなくても読み聞かせは...
夏のお出かけは図書館で決まり! 遊べる!ためになる!都内の子ども向け図書館7館+1
突然ですが、絵本や児童書って意外と高額ですよね。 おもしろそうと思って買ってあげても読まなかったり、 子どもが表紙を見て選んでも、家に帰ったらそれほど食いつかなかったり。 本も増える一方で収納に困ることもあり、 子ども時代は「本は借りる派」というご家庭も多いと思います。 せっかくの夏休みなので、 ちょっと足を延ばし...
7月26日は「幽霊の日」。子どもと一緒に涼しくなれるおばけ本13選
7月26日は「幽霊の日」! 小学生も、大人も、おばけ本で楽しく涼しくなろう! もうすぐ暑くて長い夏休みがやってきますね。 しかし最近の夏は高温注意情報が出るなど、異常な暑さが続きますよね。 夏だ! 海だ! 山だ! とアクティブに活動する夏休みもいいですが、 熱中症の危険があるほど暑い日は、適切に冷房をつけて、おうちで読書はどうでしょうか...
プラス効果がいっぱい!寝る前の本の読み聞かせ方を学ぼう
子どもとの大切なふれあいのひとつに絵本があります。 最近色々なメディアで、絵本には素晴らしい効果があると言われています。 今回は、絵本が素晴らしい理由や、読み聞かせの効果や方法、 読み聞かせにぴったりの絵本などをご紹介します。 本と子供どもの発達の深い関係 妊娠し出産すると、育児のひとつとして本の読み聞かせをするでし...
【プール】【温泉】男の子は何歳まで女子更衣室に連れて行ってOK?
徐々に梅雨入りの話題が聞かれるようになりましたが、6月といえばプールシーズンの始まりでもあります。 屋内で一年中営業している市民プールも多くありますが、やはり「プール行きたい!」と子どもが言い出すこの時期から。7月になれば屋外プールも続々オープンします。 いざプール!と思ったとき、 「男の子は何歳まで女子更衣...
【小学生低学年向け】おススメ無料学習アプリ5選 [かんじ]編
2018年も折り返し地点。 プール授業も始まり、もう夏休みも目の前まで来ています。 面談を行う学校も多いこの時期。 4月からの学校での様子に加え、「漢字が苦手のようですね」「計算の見直しをするとよいのですが」など、「夏休み中に復習しておいてくださいね」と子どもの苦手分野を指摘されることも。 自分は仕事だし、夏休みにしかできない体験もさ...
子ども用おススメ【シャンプー】5選と大人用の使い方
今年は本当に暑く、子どもたちは園や学校から帰ったら汗だくになっています。 汗をかくほど楽しく遊んだり、頑張って登下校したり。 本当にエライ! と思う一方、子どもといえども汗臭い! 頭皮のにおいもきつくなります。 今回はおよそ3歳以上の子どもにおススメのシャンプーを集めました。 一人でお風呂に入り、一人で頭を...
【低学年】おススメ無料学習アプリ5選 [さんすう]編
家でも外出先でも、夏休みにも取り組める無料学習アプリ、今回は[低学年]向けの[さんすう]です。 1年生のさんすうでは、まず「じゅんばん」を習います。 前から何番目、後ろに何人といった数え方なのですが、「並んでいる本人は数に入れるのか?入れないのか?」と、大人でも一瞬迷ってしまうことがあります(未満と以上のような、ちょっと迷ってしまう感覚で...
使ってみた!子ども用おススメ【歯みがき剤】徹底比較
今年の夏は本当に酷暑です。 水分、塩分は欠かさず取るように心掛けていますが、気づくと 「お茶よりスポドリばっかり飲んでいる」 「ずっと塩レモンのアメをなめている」 なんてことになっていませんか? ふと、 「ずっと甘みのあるものを口にしていて、虫歯大丈夫かな」と気になりました。 もちろん熱中症リスクには...
使ってみた!子ども用おススメ【ハブラシ】徹底比較
夜更かししたり、ダラダラおやつを食べたり、生活スタイルが乱れがちな夏休み。 めいっぱい遊び疲れて、歯を磨かずに寝てしまう日もあります。 それでなくても、子どもは歯みがきがあまり好きではありませんよね。 前回の【歯みがき剤】に続き、今回は子ども用のハブラシを7種類購入し、実際に触って、測って、使ってみました。 最近のハブ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします