ママもおさらい【マナー】がわかる!身につく!絵本7選

今年の夏は本当に暑かったですね。

食事を作る気力も、食欲もなくなるほどでしたが、季節はすっかり秋。

おいしいものの季節がやってきました。

もう5年も前になりますが、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことはご存知だと思います。

オリンピックイヤーに向けて、ますます注目の高まる和食。

ヘルシーでおいしいのは言うまでもありませんが、実はマナーが難しい和食。

和食に限らず、食事のマナーは子どもにもきちんと身に着けてほしいものです。

ハロウィンパーティやクリスマス、年末年始に向けて、会食やお呼ばれなどが増えるシーズン。

ママもおさらいできるテーブルマナーをはじめ、現代の子どもが身に着けたいマナーがわかるおすすめの絵本を集めました!

<マナーが分かる絵本7選>

タイトル通り、テーブルマナーのすべてがわかる絵本

『テーブルマナーの絵本』

髙野紀子 作
あすなろ書房

色鉛筆画のようなタッチで、とにかく絵も文字も盛りだくさん。マナー図鑑のような絵本です。

まだ文字になれていない年齢のお子さんには抵抗があるかもしれない…と思うほどの情報量ですが、図鑑好きの子なら興味を持って読み進めることができると思います。

お箸の使い方、器の持ち方はもちろんのこと、ファミレスやファストフード店でのマナーについて描かれたページも子どもたちにぜひ読ませたい部分です。

天ぷらの食べ方、お茶のいれ方、和室のマナーなどは、私たち主婦も改めて参考になります。

これから年末年始など、ご主人の実家に行く前のおさらいになりますよ。

エルメス家で育った著者が解説する「テーブルマナー違反」が分かる絵本

(西村書店公式サイトより)

『およばれのテーブルマナー』

フィリップ・デュマ 絵と文
久保木泰夫 訳
西村書店

「エルメス四代目社長の息子さんが、テーブルマナーについて描いた本」と聞いただけで読みたくなりませんか?

どんな食事風景なのか、興味津々で読み進めると、著者が子どもたちのために描いた「テーブルマナーの違反例」が列挙されています。

マナー違反はそれぞれマイナス点数が決められており、点数が増えるとお尻を叩かれる、もっとマイナスがひどくなると、バルコニーから宙づりにされ、18歳以上だと家から追い出されるという、今の日本では問題になりそうな記述もありますが…。

しかし根底にあるのは、子どもたちが周囲を不快にさせず、自分も食事を楽しみ、また次回も呼んでいただけるような人物になるためのルールが描かれていることに違いありません。

子どもだけでなく、大人もやってしまいがちなマナー違反例も多く挙げられています。

素敵な絵で、どこへいっても恥ずかしくないエルメス家の作法を教えてくれたこの絵本、秋の夜長に親子でじっくり読みたい一冊です。

マンガでわかりやすく家庭内のマナーやルールを学べる一冊

(講談社公式サイトより)

『できた できた できた 花まる小学生になろう かていへん』

NHK「できた できた できた」制作班 制作協力
いぢちひろゆき まんが
講談社

2015年度まで、現在のEテレで「できた できた できた」という同名の教育番組がありました。

小学校高学年~中学生くらいのお子さんをお持ちのお母さん方なら記憶にあるのではないでしょうか?

お笑いコンビ・ジャングルポケットの斉藤さんが新一年生のガッツ王子を演じ(どう見ても大人です)、しっかりものの同級生たちから学校のルールを教わるという内容です。

メインは小学校でのルールですが、「かていへん」という回では、中村メイコさん演じるおばあちゃんに家でのマナーを学ぶ内容もありました。それをマンガで分かりやすくまとめたのがこの本です。

「できた」が重なると子どもたちに自信につながりますよね。

とにかくマンガで描かれているので、マナーやルールに興味のない子でもとっつきやすく、ちょっと不真面目なオチも描かれているのであっという間に読めてしまいます。

同番組の「学校生活編」をまとめた巻は、新一年生のお子さんへプレゼントにもおすすめです。

英語と日本語表記で、みんなが気持ちよくいられるルールを楽しく描いた絵本

(Amazonより)

『マナーをしることば』

アリキ 作・絵
谷地元雄一 日本語
偕成社

「みんながいっしょに、いいきもちでいられるルール。それがマナーです」と冒頭に書かれています。まさにその通り!

家のなかで、両親や兄姉と過ごしてきた子も、未就園クラスや預かり保育、外食など徐々に外の世界に出ていきます。ソーシャルスキルというと大げさかもしれませんが、人と人とが接するとき、不快な思いをさせないのは鉄則。

でも慣れない時期や子どもどうしが接すると、我を通したくなることもあったり、ケンカになったり、「だって、~だもん」と言いたくなることもたくさんあります。

ママはつい「がまんして貸してあげなさい」「お友達がかわいそうでしょ」などと言ってしまいますが、納得できずに泣いたりわめいたりも日常茶飯事です。

この本では、子どもどうしの会話を通して、「それはダメよ」「ああ、そうか」と解決していきます。

わざとじゃないのにぶつかってしまったときの対処や、車椅子に乗っている子が「じろじろみられたくないんだ」といった会話など、実は私たち大人もうまく説明してあげられないやりとりが載っている点も素敵なのです。

残念ながら出版元である偕成社のホームページを検索しても出てこず、購入は難しいようです。

図書館などで探してみてください。

意外と知らない和食のマナーを親子で学べる絵本

(PHP研究所公式サイトより)

『和食のえほん』

江原絢子 監修
PHP研究所

まるごと一冊和食だけ取り扱った絵本。冒頭にも書きましたが、和食はユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中で人気があることは言うまでもありません。

ほぼ毎日食べている私たちも、和食のマナーは敬遠してしまいがちなほど難しいもの。

しかし、一度覚えてしまえば一生使える知識となります。

子どもは自分の家庭でやっていることが正しく、周りの家庭でもやっていると思いがちです。

最近は核家族化でおじいちゃん、おばあちゃんに食事のマナーを教わる機会も少なく、また今の若いおばあちゃんたちも「楽しく食べればいいのよ」と気にしない人も少なくありません。

筆者の息子も、帰省した実家でちらしずしに直接小皿のしょうゆをかけて食べたことがあります。

祖母である私の母は「いい食べっぷりね~」と目を細めるのみ。

本来、ちらし寿司は具を小皿のしょうゆに付け、酢飯と交互に食べるのがマナー。

食べ盛り男子が実際、そんなことはできないかもしれませんが、知っているのと知らないのとでは大違いです。

母親として、自分自身のためにも、子どもたちのためにも知っておきたい食事マナー絵本です。

これから国際化社会に生きる子どもたちの気づきになる本

(学研出版サイトより)

『それ日本と逆? 文化のちがい 習慣のちがい ①
モグモグ 食事のマナー』

須藤健一 監修
学研教育出版

国立民族学博物館館長・須藤健一氏監修の『文化のちがい 習慣のちがい』シリーズ。

「そばを食べるとき、音を立てるのは日本人くらいだ」「韓国の人はお茶碗を持たないで食べる」など聞いたことがあると思います。

子どものころ「え? インドの人って手で食べるの?」と、初めて知ったときは驚いた記憶があるのではないでしょうか?

日本と海外では気候や文化の違いから、食生活、そしてテーブルマナーも異なります。

日本でよいとされていることも海外の方にとっては気分を害することもあれば、その逆もあります。

たとえば、日本では残さず食べるよう言われますが、中国ではわざと少し残し、「もうお腹いっぱいです。こんなにたくさん料理を出せるほど、あなたは豊かなのですね」と表わすことがあるそうです。

歴史や文化を考えると分かるような気がすることでも、子どもにとってはハテナだらけです。海外にはいろんな国がある、というところから説明するのは簡単ではありませんが、身近な食事のマナーで見てみると、どうして違うんだろう? ほかの国はどうなんだろう? と大人でも疑問や興味がわいてきます。

食事のマナーのほか、生活スタイルやしぐさ、人生のイベントなど興味深いシリーズがあります。ぜひチェックしてみてください。

マナーと安全についても考えることができる親野智可等さん監修の本

(あかね書房公式サイトより)

『マナーと敬語 完全マスター! ② 家のマナーと敬語』

親野智可等 監修
オオノマサフミ 絵
あかね書房

食事や日常生活のマナーは小さいころから覚え、身に着けたいものですが、最近は小学生からスマホを使いこなしている子も見られ、SNS上でのマナーも軽視できません。

一方で手紙を書く習慣が減り、手紙の書き方を知らないまま大きくなってしまいそうです


子どもの友だちを家に招いたときのあるある話ですが、遊んでいいお部屋以外の部屋を開けて入ってしまったり、自分の家がマンションで、遊びに来た子が戸建ての子だと、下の階に人がいることが分からず、思わずソファから飛び降りたり、走り回ってしまったり。

このように子どもはいけないことと知らずにやってしまうこともありますよね。

マナーの基本である挨拶も大切なのですが、防犯の観点から「外で挨拶はしないよう言い聞かせている」という家庭もあります。

子どもながらに学ぶべきマナーはたくさんありますが、そのようなケースにならないとピンとこないこと、またルールという観点でみると、家庭ごとに違うことが多いのも実情です。

一つ一つ教えていくのは難しいですが、この本は間違い探しの要領で、「この子の行動はおかしいんじゃないかな?」と考えることができます。

それが正しいかどうか、我が家の場合はどうするかなどケースバイケースで話し合えるきっかけになる絵本です。

気持ちよく食べ、気持ちよく過ごすためにマナーの本を読んでみよう

今回は主に食事、テーブルマナーについてふれられる本を集めました。

日々の食事で必要なテーブルマナーは、いっしょにおいしく食べ、楽しい時間を過ごすためのものです。

普段、お兄ちゃんは塾、お父さんは仕事、自分とお母さんだけで食べているといった家庭も多いと思いますが、たった2人でも食事のマナーは必要です。

肉や魚など食材への感謝、食材を作ってくれた人への感謝、調理してくれた人への感謝は、何人で食べても必要なもの。

とはいえ朝や夕飯時はどうしても忙しい時間帯。

早く片付けたいし、イライラしてマナーどころじゃないという日もあります。

読書にも適した気候になってきました。

実際にバタバタしてしまう食事じゃない時間に、テーブルマナーなどの本を読んでみるのもおススメです。

また、家で起こりうる留守番や生活のルール、携帯電話のルールなどが載っている絵本も紹介しました。

今までの子どもの絵本では「携帯電話のルール」なんて考えられない項目ですが、これを間違うと、まさに気持ちよく過ごせないどころか、残念ながらいじめにもつながりかねません。

以前のように「子どもどうしで解決させるのが一番」「一度はケンカして学べばいいのよ」などと言っていられない時代のように感じます。

低年齢向けにSNSルールについてわかりやすく描かれた本が増えてきているので、機会があれば手に取ってみてください。

ママも子どもも【運動会】が楽しみになる絵本8選+1
暑い暑いと思っていましたが、気が付けば空も秋らしくなり、部屋に差し込む日差しも深くなってきました。 新学期が始まるとすぐ運動会の練習という学校も多いと思います。 運動会といえば大人も子どもも楽しみなものですが、 「子どもが毎年同じメンバーでのかけっこで最下位から脱出できない」 「秋の運動会は、練習期間の残暑が厳しくて心配」...
新学期に読みたい[友だち]の子どもの本・絵本6選
大好評!?主婦へえ「絵本シリーズ」第4弾です。 「夏に涼しくなるコワい絵本」 「読み聞かせにおススメ・実証済みのウケる絵本」 「読んでよし、飾ってよしのクリスマス絵本」 に続くのは、新学期におススメの「友だち本」です。 新入園、新入学、進級など、新しい環境のなか、親子で緊張の日々を過ごしている方も多いので...
プレゼントにも最適! 読んでよし、飾ってよし「クリスマス」絵本7選
すっかり街中クリスマス。 お友達とのクリスマス会や、上司や親せきのクリスマスパーティにお邪魔するなんていう機会も増えますね。 筆者もそんなとき、プレゼント交換やご訪問先のお子さまへの手土産には毎回迷います。 食べ物はアレルギーがあったり、クリスマス雑貨はすでに飾ってあったり、好みが違ったり。 そこでおすすめなのが「...
低学年読み聞かせのテッパン 実証済み!「ウケる」絵本7選
■この記事を書いた人 kope 専門雑誌編集者を経て、2人めの出産を機にフリーエディターに。フラと校正が趣味。字を書くこと、人と話すこと、コーヒーが好き。 読書の秋ですね。 読書といえば小学校の「読み聞かせ」。 読者の方のなかでも、「やったことがある!」という方が多いのではないでしょうか。 ちなみに秋でなくても読み聞かせはあります。 ...
夏のお出かけは図書館で決まり! 遊べる!ためになる!都内の子ども向け図書館7館+1
突然ですが、絵本や児童書って意外と高額ですよね。 おもしろそうと思って買ってあげても読まなかったり、 子どもが表紙を見て選んでも、家に帰ったらそれほど食いつかなかったり。 本も増える一方で収納に困ることもあり、 子ども時代は「本は借りる派」というご家庭も多いと思います。 せっかくの夏休みなので、 ちょっと足を延ばし...
7月26日は「幽霊の日」。子どもと一緒に涼しくなれるおばけ本13選
7月26日は「幽霊の日」! 小学生も、大人も、おばけ本で楽しく涼しくなろう! もうすぐ暑くて長い夏休みがやってきますね。 しかし最近の夏は高温注意情報が出るなど、異常な暑さが続きますよね。 夏だ! 海だ! 山だ! とアクティブに活動する夏休みもいいですが、 熱中症の危険があるほど暑い日は、適切に冷房をつけて、おうちで読書はどうでしょうか...
プラス効果がいっぱい!寝る前の本の読み聞かせ方を学ぼう
子どもとの大切なふれあいのひとつに絵本があります。 最近色々なメディアで、絵本には素晴らしい効果があると言われています。 今回は、絵本が素晴らしい理由や、読み聞かせの効果や方法、 読み聞かせにぴったりの絵本などをご紹介します。 本と子供どもの発達の深い関係 妊娠し出産すると、育児のひとつとして本の読み聞かせをするでし...
【プール】【温泉】男の子は何歳まで女子更衣室に連れて行ってOK?
徐々に梅雨入りの話題が聞かれるようになりましたが、6月といえばプールシーズンの始まりでもあります。 屋内で一年中営業している市民プールも多くありますが、やはり「プール行きたい!」と子どもが言い出すこの時期から。7月になれば屋外プールも続々オープンします。 いざプール!と思ったとき、 「男の子は何歳まで女子更衣...
【小学生低学年向け】おススメ無料学習アプリ5選 [かんじ]編
2018年も折り返し地点。 プール授業も始まり、もう夏休みも目の前まで来ています。 面談を行う学校も多いこの時期。 4月からの学校での様子に加え、「漢字が苦手のようですね」「計算の見直しをするとよいのですが」など、「夏休み中に復習しておいてくださいね」と子どもの苦手分野を指摘されることも。 自分は仕事だし、夏休みにしかできない体験もさ...
子ども用おススメ【シャンプー】5選と大人用の使い方
今年は本当に暑く、子どもたちは園や学校から帰ったら汗だくになっています。 汗をかくほど楽しく遊んだり、頑張って登下校したり。 本当にエライ! と思う一方、子どもといえども汗臭い! 頭皮のにおいもきつくなります。 今回はおよそ3歳以上の子どもにおススメのシャンプーを集めました。 一人でお風呂に入り、一人で頭を...
【低学年】おススメ無料学習アプリ5選 [さんすう]編
家でも外出先でも、夏休みにも取り組める無料学習アプリ、今回は[低学年]向けの[さんすう]です。 1年生のさんすうでは、まず「じゅんばん」を習います。 前から何番目、後ろに何人といった数え方なのですが、「並んでいる本人は数に入れるのか?入れないのか?」と、大人でも一瞬迷ってしまうことがあります(未満と以上のような、ちょっと迷ってしまう感覚で...
使ってみた!子ども用おススメ【歯みがき剤】徹底比較
今年の夏は本当に酷暑です。 水分、塩分は欠かさず取るように心掛けていますが、気づくと 「お茶よりスポドリばっかり飲んでいる」 「ずっと塩レモンのアメをなめている」 なんてことになっていませんか? ふと、 「ずっと甘みのあるものを口にしていて、虫歯大丈夫かな」と気になりました。 もちろん熱中症リスクには...
使ってみた!子ども用おススメ【ハブラシ】徹底比較
夜更かししたり、ダラダラおやつを食べたり、生活スタイルが乱れがちな夏休み。 めいっぱい遊び疲れて、歯を磨かずに寝てしまう日もあります。 それでなくても、子どもは歯みがきがあまり好きではありませんよね。 前回の【歯みがき剤】に続き、今回は子ども用のハブラシを7種類購入し、実際に触って、測って、使ってみました。 最近のハブ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする